Baby&Kids

家庭環境に負い目を感じるより、今の環境に感謝する気持ちが最善

vol.716【1日1成長お母さん】諸事情による片親の子どもは同情心より共感性を持って育てる

デリケートな話題こそオープンに向き合う。閉鎖的に捉えると回避性が増す

3歳のS君は習い事に通い始めました。祖父母とお母さんと暮らしています。お母さんは「この子が保育園へ入る前に何か習わせたくて」と話します。普段は祖父母と過ごし、お母さんとは公園に行って遊ぶことが多いそうです。S君が遊んでいる間にこっそり「うちはシングルなので。私は良いのですがこの子には…」と気遣う様に言います。デリケートな話に慎重になるのも無理はないですが、強すぎる防衛心は閉鎖的な気持ちにさせます。

心配に思うほどそればかり、目につくようになる。子どもの行動に目を向けて

心配事は、ふとした瞬間に気になり始めるもの。気になりだすと、その事ばかり考えてしまうこともあるかもしれませんね。すると、それに関係することばかり目につくようになるため避けるようになりがちです。お母さんの考え過ぎをストップさせるには、子どもの“今”に目を向けることが大事。今、目の前で遊んでいる子どもが楽しそうだったら、一緒に共有してあげればいいのです。子どもは、目の前の事に全力で取り組んでいるのです。

起きていない事に気を取られすぎないで。子どもなりに理解します

人は人間関係の中で成長し続けるもの。子どもの優しさや思いやりは、心の成長。目に見えにくいとも言われる心は、4歳から育ちます。自分をコントロールする力がつく4歳。相手の気持ちを想像する事ができるようになる5歳。その頃になると、自分と他人との違いが分かるようになります。だからと言って必要以上に心配しなくても大丈夫。子どもなりに理解し、受け入れようとする力も備わってくるからです。

柔軟に受け入れようとする子どもを、効果的に捉える発想力でサポートしよう

子どもは人生を歩み出したばかり。これから様々なことを経験していきます。親心としては、子どもに悲しい思いをさせたくないと思うでしょう。ですが、体験を通し、喜怒哀楽を感じる中で思いやりや優しさを育みます。与えられた環境は、豊かな心を育む環境。お母さんが子どもの気持ちに寄り添ってあげると子どもは穏やかに事実を受け入れられるでしょう。子どもの言葉を繰り返し言ってあげるのも、子どもの心の安心と安定に繋がります。

今日の1日1成長

物事を悲観的に捉えない。その事で得られた学びに目を向けましょう
子どもの理解力も1成長、お母さんの発想力も1成長。
國枝愛実(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!