Baby&Kids

いつもと違う子どもの行動。困り顔をせず冷静に観察しよう

Vol753【1日1成長お母さん】お母さんに気付いてほしい複雑な子ども心はまず観察

子どもの行動に「今日はどうしたの?」と原因探しするのではなく観察する

体操教室に通うY君は5歳になりました。Y君は、積極的に参加する日もあれば、頑なに中に入ろうとしない日もあります。気持ちが安定していて、本人がやる気いっぱいのときは、準備体操からみんなと同じように行います。しかし、今日はなぜか集中しません。お母さんの後ろに隠れ絡んでは、寝転がります。そんなとき「ちゃんとしなさい」と叱られると子どもの感情は大爆発します。Y君は体操をしなくてはならないことも分かっています。

観察すると、子どもの様子が見えてきます。行動に心の様子が投影されている

子どもが葛藤と向き合ってあるとき、態度にはちゃんと出ています。Y君は言葉ではなく態度で意思表示をしているのです。そんなとき、態度だけを見て大人が判断し、注意をすると子どもの感情は爆発します。よって、大声で泣きじゃくり、子どもの後に引けない状態ですから、すねる、暴れるということになるのです。こんなときこそ、大人は冷静に観察します。Y君の場合、自分の気持ちを分かってほしいだけなのです。

子ども自身が周りの目を感じるので、感情のコントロールで一生懸命なのです

公共の場と甘えられるお母さんとの狭間で子ども自身がどうしたらいいかわからないときは、まずは心のケアが大事。子どもの心の整理かつかないままこの日は教室に来ることになったY君とお母さんですが、聴けば直前までY君は自宅でお留守番をしていたとのこと。子どもの行動には理由があります。子どもの気持ちに耳を傾け「ありがとう」「お留守番してくれてお母さん、とても助かったよ」と子どもに伝えてあげることが大事なのです。

お母さんの時間がないときこそ、子どもをぎゅっと抱きしめ7秒間

子どもはお母さんに、気持ちを分かってもらえたと実感するまで気持ちが収まらないもの。時間がなくて忙しいときこそ「急いで、行くよ」なんて慌てて家を出ます。子どもの解消されない気持ちは置き去りです。そんなとき効果的な方法が7秒間抱きしめる。抱きしめられると愛情ホルモンが分泌され子どもの心が落ち着きます。子どもの感情を落ち着かせる効果があるのです。抱きしめながら「ありがとう」と声をかけてあげましょう。

今日の1日1成長

いつもと違う子どもの行動は早めに対処。まずは観察をしましょう
子どもの努力も1成長、お母さんの観察力も1成長。
國枝愛実(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!