Baby&Kids

子どもの意欲とお母さんの都合、折り合いをつける会話が大切

vol.763【1日1成長お母さん】3歳児とお母さん、気持ちの歩み寄りでイライラを解消しよう

しっかりとしつけをしていきたいけど、子育ては1日ではうまくいかないもの

手洗いうがいに挨拶に、毎日のお母さんのイライラ。つい「なんでしないの!」と怒鳴りたくなってしまう場面も多いです。お母さんとしては“子どものために”や“子どもがよりよく生きるために”と考えてのこと。怒鳴らずに見本を見せたり、根気よく話し習慣にしていくことが大切です。お母さんも疲れる前に、聞かれない小言は減らしていきたいもの。怒鳴りたい気持ちは「お母さんも心配だから」と思いや考えを言葉で伝えていきましょう。

子どもの意志を認めた後、お母さんの迷惑にならない方法を具体的に伝えよう

3歳のMちゃん、今日も自分のタンスの服を出しながら衣装替えが始まります。お母さんとしては「やめて!」と声を出したいところ。だって誰が片付けるの?って思ってしまうから。「お母さん、出した服を片づけるのがいつも大変なの。遊ぶのはいいんだけど遊ぶならきれいに片付けてね」終わった後そのまま行きそうになるMちゃんに「お約束したよね?」というと「あっそうだ」と片付け始めます。自分で責任を取ることも学び始める時期です。

本当にしてはいけない事かをよく考えて、叱りたくなる回数を減らしていく

自分がする行動に対してお母さんが“どう感じているか”そして“どうして欲しいか”を教えてあげると、子どもは理解しやすいです。約束を守ることも、最初は1人でできなかったら一緒にやるところから始めましょう。子育てをしている中で、つい叱りたくなる場面はたくさんありますが、声をあげるのは危険な時と道徳に反する時くらい。お母さんの都合や事情は、子どもに気持ちを伝えて交渉やお願いをしましょう。お互いの気持ちに歩み寄れます。

子どもの意欲はつぶさずに、お母さんの負担を減らしていく交渉術

お母さんがどう感じて、どうして欲しいかを理解できると子どもの発言や行動も変わっていきます。ただ、お母さんの意志だけが全てではありません。子どもが自分の意志や意見を大切にしながら、人に迷惑をかけない生き方を学んでいます。これも1つの能力です。相手や状況と環境によって考えられる力は、これからの人間関係を豊かにしてくれることでしょう。お母さんと子どもの歩み寄りがお互いに、いい結果を生みます。

今日の1日1成長

「やりたい!」を尊重し、お母さんの負担にならない方法を具体的に伝えよう
子どもの責任力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
さわどあさみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!