Baby&Kids

スマホを持たせる子育ての親の矛盾点。手軽さは簡単に要求される

vol.703【1日1成長お母さん】スマホが悪いのではなく、深く考えていないのが不幸なのです

生活になくてはならない文明の利器。本心は与えたくないのが親の矛盾点

市場で「子どものスマホ利用に関する調査」が実施された結果があります。日々の生活で子どもとスマホ、タブレットの関係が明らかになりました。子どもにスマホを使用させますか?との問いに30%以上の親が「毎日」との回答をしています。内容は「写真や動画を見せている」の回答が45%以上でした。その反面、視力や心と知能の発達低下を心配する声が71%以上もあるそうです。便利な反面、使用時間が増えると心配要素も増すのですね。

約束を守る、自分を律することを話し合うアイテムのひとつになれば有能

これからの時代には不可欠な電子機器です。実は子どもだけでなく大人も同じです。時間を決める、内容を吟味する、おもちゃにするか大事な仕事用品のひとつなのか。曖昧になっていることを一度考えてみる必要があります。そして子どもにはどのような時に許可して、どんな時はダメなのか話し合うことが大切です。決め事として家庭内のルールにし、守れたら褒めてあげることが一番大切です。スマホで遊ぶか否かよりも、どのように心をコントロールできたかの方が重要です。

楽しかった!いいよ!と言ってくれた成功体験は鮮明に記憶。一貫すべき

病院の待合室で騒がれたら困るので何となく持たせてみたスマホ。電車の中でおとなしく座らせるために持たせてみたスマホ。これがダメではなく、子どもは何となく触ったものに楽しみを見つけたのです。次に電車に乗る時に要求するのは当たり前のこと。昨日は良くて、今日はダメ!というのはお母さんの勝手と責められてもしかたありません。また泣いてスマホを手にした成功体験をもった子どもは、次も必ず泣いて要求します。これでは本末転倒ですよね。

スマホ使用がどんな影響があるかよりも、スマホ時間の見なおしをしよう

オムツ替えの時にじっとしていない子に持たせると画面に集中してスムーズにできるかもしれません。でもこの貴重な触れ合いの時間をスマホに奪われるのはもたいない!園への送迎の車内。お母さんと2人っきりになれる絶好のチャンス!10分ほどの短い時間かもしれないけれど、心の声が聞こえる時間でもあります。お母さんの煩わしさから安易に持たせてしまったなら、視点の変換で親子のコミュニケーション時間に変わります。

今日の1日1成長

スマホの善し悪しよりもその時間を唯一無二の時間に変えてみよう
子どもの自律力も1成長、お母さんの判断力も1成長。
森みきこ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!