Baby&Kids

イヤイヤ攻撃でメンタル崩壊?お母さんの気持ちを伝えてみて

vol.778【1日1成長お母さん】叱るよりも効果アップ!「お母さんは悲しい」と気持ちを伝えよう

“魔の2歳児”なんて言葉があるくらいに、2歳の子どもは育てにくい

“魔の2歳児”という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。可愛い子どもなのに“魔”をつけるなんて、ひどい話だと思う方もいるかもしれません。そうはいっても2歳の子どもを「育てにくい」と感じるお母さんは多く、ちょっとユーモアを込めてこんなネーミングがついたのでしょう。“魔の2歳児”と2歳を限定しているくらいなので育てにくいと感じるのは期間限定であり、ずっと続くわけではありません。

「イヤ!」「○○じゃない!」毎日こうだとお母さんのメンタルにダメージも

2歳の子どもは「チャーハン食べる?」と聞けば「イヤ‼チャーハンじゃなくてコロッケがいい!」と答える。コロッケを出せば「これじゃないの!」と叫ぶ…という感じで、お母さんが何を言っても「イヤ!」「○○じゃない!」と否定や反抗してくることがあるでしょう。「この時期はいつか終わると言われても、さすがに毎日こうだと私のメンタルがおかしくなるわ」と感じるお母さんもいるのではないでしょうか。

まずは子どもの気持ちを受け止める。次にお母さんの気持ちを伝えましょう

子どもが反抗的な言動をした時は対応に困るものです。「そんなこと言うのは悪い子よ!」「わがまま言うんじゃない!」と叱りたくもなります。でもちょっと一呼吸おいて「そう、嫌なのね」と子どもの気持ちを受け止める言葉を言ってあげてください。共感してもらった子どもは気持ちが落ち着き、お母さんの言うことに聞く耳を持ちやすくなります。そこで「そんなことを言うと、お母さんは悲しいな」と今度はお母さんの気持ちを伝えるのです。

自分が主語になる I(アイ)メッセージで伝えると子どもの心に届きやすい

このように気持ちを伝える方法を“I(アイ)メッセージ”といいます。「お母さんは悲しい」というのは“I(アイ)”すなわち自分が主語になっており、子どもを傷つけることなく行動を正すのにぴったりの言い方です。「そんなこと言うのは悪い子」というのは“あなたは悪い子”という“YOU”が主語になっています。この言い方は子どもの気持ちを傷つけて余計に反発心を生んでしまうので、なるべく使わないようにしたい言葉です。

今日の1日1成長

子どもの気持ちを受け止めて、Iメッセージでお母さんの気持ちを伝えよう
子どもの成長力も1成長、お母さんの対応力も1成長。
田中京子(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!