Baby&Kids

お母さんは子どもの能力を最大限に伸ばすコーチになろう!

vol.779【1日1成長お母さん】子どもの想いを引き出し、気持ちに寄り添って次の行動へ導こう

子どもにどんな未来をプレゼントしたいか、どんな大人になって欲しいか

スポーツなどでよく耳にする“コーチ”という言葉。目標を持った人を目標達成に導く役割を指して言います。子育てにおいて、大人になるという目標に向かっていく子どもたちを導くコーチでもあるお母さん。どんな大人になりたいか、どんな大人になって欲しいかを考える時間も大切かもしれません。大人になるとは自立するということ。将来、子どもが自分の夢を自由に描き実現できる土台をつくってあげましょう。

お母さんが成長過程の子どもに対して、適切な挑戦を準備してあげよう

3歳のMちゃん、最近パジャマの大きなボタンを簡単にはめられるようになりました。そこで、お母さんは小さいボタンもはめられるよう次の日の服にお気に入りのカーディガンを準備してあげました。パジャマほど簡単にはできませんが、ゆっくりと自分のペースですべてのボタンをはめていくMちゃん。この少し努力すれば必ず達成できる課題設定をしてあげることが、子どもの能力を伸ばすポイントになります。そのためにはお母さんの観察力が不可欠。

毎日の子育てで、子どもを導くときに心に置いておきたいことが3つあります

1つ目はよく観察すること、今の成長の状態や心の様子をよく観察して把握してあげましょう。2つ目は待つことと見守ること、子育てにおいて子どもの能力を伸ばす大切な時間、タイミングも重要です。3つ目は聴くこと、想いを引き出しながら話す内容に耳を傾けましょう。すべてに言えることは子どものありのままを受け入れ、心に寄り添って進んでいくということ。ついついお母さんのペースになりがちな子育てを少しずつ見直してみましょう。

子どもを導くコーチになるためには、お母さんの心の余裕も必要です

お母さんも人間なので自分の都合や事情で心に余裕がないこともしばしば。それでも子どもへの愛情で毎日を乗り切っています。子どもの能力を伸ばしてあげたいと思う時は、お母さん自身のメンタルにも気を使ってあげましょう。子どもの意志とお母さんのコンディション、両方とも大切です。子育てを通して子どもの未来を明るく導けるお母さんは、子どもにとって何より偉大なコーチになれるのです。

今日の1日1成長

子どもの状態や行動をよく観察して把握し、成長できるタイミングを待とう
子どもの集中力も1成長、お母さんの愛情力も1成長。
さわどあさみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!