出典:photoAC

Lifestyle

「お歳暮」のマナー大丈夫?お歳暮のマナーを徹底解説!

年末に近づいてくると、デパートやスーパーではお歳暮向けの品物の取り扱いが始まります。1年間の締めくくりに、お世話になった方々に感謝の気持ちを伝えるために贈る「お歳暮」ですが、贈る時期や品物の内容・金額、贈り方など、たくさんのマナーがあることをご存知ですか?この記事ではお歳暮に関するマナーを徹底解説!お歳暮を贈る前に一目通してみてくださいね。

■そもそもお歳暮とは?どんな意味があるの?

1年間の締めくくりに、日頃お世話になっている身のまわりの方々に対して感謝の気持ちを表すために贈る「お歳暮」。そもそもお歳暮とはどのようなものなのでしょうか?

出典:photoAC

・由来


お歳暮の起源は江戸時代までさかのぼります。毎年商人が長屋の大家さんや取引先の方々に対し「いつもお世話になっています、これからもよろしくお願いします」という気持ちを込めて贈りものをしたのが起源のひとつと言われています。
現代でもお歳暮の意味合いは変わらず、日頃の感謝と「これからもよろしくお願いします」という気持ちを込めて贈りものをします。昔はお世話になった方々や職場の上司、取引先などに贈っていたお歳暮ですが、近年では上下関係や職場での関係だけではなく、お嫁さんから義両親へ、など親族や親しい友人などに贈る場合も増えてきています。

■お歳暮を贈る時期は地域・贈りものの内容によって変わる

季節のあいさつのひとつであるお歳暮は、贈る時期をきちんと守るのがマナーです。正しい送り方をチェックしましょう。

出典:photoAC

・いつからいつまでに贈る?


昔は、新年を迎える準備を始める「すす払い」の日から20日までの間に贈るものとされていましたが、現代では「すす払い」の習慣がなくなったことにより、お歳暮を贈る時期は前倒しの傾向があります。
また、地方や贈りものの内容によって違いが見られます。関東地方では12月初旬~年末、関西地方では昔は「すす払い」の日であった12月13日~年末頃が多いようです。一般的には、受け取る側のことを考えて年越し準備で忙しい年末は避けた方がベターという考えがありますが、お正月用品に使える生鮮食品などはむしろお正月に近い日付で贈るほうがよいでしょう。

■贈る品物は何がいいの?喜ばれる品物を選ぶポイント

お歳暮として贈る品物に関して、特に規則はありません。相手の好みや家族構成などを考え、喜んでもらえそうなものをチョイスしましょう。

・一般的に多いもの


一般的には果物や旬の食べもの、お酒を含む飲みもの、生鮮食品を含むお正月用品を贈るケースがよく見られます。遠方に住む方に贈る場合は地域の特産品などもおすすめです。

・喜ばれるコツ


お歳暮を贈る相手の好みが分かっている場合は、相手の好みに合った贈りものをすれば喜ばれるでしょう。
また、贈る家庭の家族構成もヒントになります。例えば、子どもが多い家庭の場合は子どもも食べられるお菓子やジュースなどの飲みもの・年配の方がメインの場合はお酒や珍味など、それぞれの家庭の家族構成に合ったものを選ぶことがポイント。
情報が少ない場合は、さまざまな種類の品物から自分の好きなものを選ぶことができるカタログギフトもおすすめです。

■誰に贈ればいいの?平均的な金額はいくら?

お歳暮を贈る相手としては、会社の上司や同僚、親族、親しい友人などが一般的です。新婚の場合は、結婚式の仲人をしてくれた方にも贈りましょう。
金額は贈る相手やお世話になっている度合いによって変動しますが、あまり高価なものは相手に気を遣わせてしまうこともあるため、お互いに負担にならない程度の価格におさめましょう。

出典:photoAC

・全体平均


お歳暮に贈る品物の金額には、3,000~5,000円程度が一般的と言われています。特にお世話になった方にはそれ以上の金額のものを贈る場合もあるようです。下記に、それぞれの間柄での平均金額をまとめてみました。

勤務先の上司…5,000円程度
勤務先の同僚…3,000~4,000円程度
勤務先の部下…3,000円程度
取引先…3,000~5,000円程度
両親…5,000円程度
親戚…3,000~4,000円程度
友人・知人…3,000~4,000円程度
近所…3,000円程度
仲人…5,000円程度
子どもの学校の先生…注意!送ってはいけない
習い事の先生…月謝と同額~半分程度
医師・看護婦…3,000~4,000円程度

上記の金額はあくまで目安で、贈る相手との仲の良さやお世話になった度合い、自分や贈る相手の年齢によって変動します。

■要注意!お歳暮を贈ってはいけないケースをチェックしよう

お歳暮は、贈ってはいけない場合があります。感謝の気持ちを伝えるはずが、逆に相手の迷惑になってしまった…なんてことにならないよう、贈ってはいけないケースをしっかり把握しておきましょう。

・喪中の人は?

出典:photoAC

お歳暮は、感謝やお礼の気持ちとして贈るものであり、お祝い事とはされていません。そのため、不幸事にあたる喪中でも贈ってよいとされています。
先方が喪中の場合も同様ですが、松の内を避けること・四十九日以降の忌明けに出すことの2つは注意しましょう。

・公共の職場の人は?

出典:photoAC

教師などの公務員や政治家に対してお歳暮を贈ってしまうと、相手に迷惑をかけてしまうため要注意!
公務員や政治家は、「国家公務員倫理法」「国家公務員倫理法」という法律において、利害関係者から金銭や物品の贈与を禁じられているのです。相手が利害関係者でない場合に限り、通常の風習の範囲内でのお歳暮は受け取ることができるとされているものの、判断が難しい場合もあります。
最悪、受け取った側が減俸・懲戒免職されてしまうこともあるのです。また、賄賂にあたると判断された場合は、受け取った側だけではなく贈った側にも刑罰が与えられる可能性があります。
その他、大手の企業や外資系の企業など、一部の民間企業でもNGとしている場合もあるので注意が必要。お歳暮を贈る前に、しっかりと確認しておきましょう。

■お歳暮の正しい渡し方って?のし紙のつけ方は?

お歳暮を渡すときのマナーには、どのようなものがあるのでしょうか?

出典:photoAC

・手渡し


お歳暮を渡すときは、基本的には相手方へ持参し、感謝のあいさつと共に手渡しするのが礼儀です。ただし、贈る相手が遠方である場合や、お互い郵送のほうが都合がよい場合は郵送でやり取りをすることも一般的になってきています。

・郵送


郵送する場合は「送り状」を同封するようにしましょう。また、郵送でお歳暮を受け取った場合、お礼状を送るのがマナーです。お礼状はお歳暮を贈っていただいた感謝の気持ちを伝えると共に、無事に届いたことを知らせる意味もあるため、お歳暮を受け取ったら速やかに送りましょう。

・のし紙について


送り状につけるのし紙には「内のし」と「外のし」があります。水引・結び・上書きなどの風習ももれなく行いましょう。ただし、生鮮食品などの生ものを贈る場合にはのしはつけません。不安がある場合は品物を購入したお店で聞いてみるとよいですね。

■お歳暮をいただいたときはどうすればいいの?

お歳暮を贈っていない相手からお歳暮をいただいたときは、「御年賀」または「寒中御見舞」としてお返しをします。郵送でお歳暮を受け取った際には、お礼状を送るのがマナーです。

・お返しをする場合

出典:「東京都中央区おけいこサロン SWEET LUXE Powered by Ameba」

お歳暮のお返しをする場合は、お歳暮を受け取ってから少し間を開けるほうがベター。
一般的にお歳暮は12月中旬~下旬に届く場合が多いため、お返しをする場合は年が明けてから1月7日の「松の内」を迎えるまでに「御年賀」として贈ります。
7日を過ぎてしまった場合は、「寒中御見舞」として贈りましょう。

・お礼状の書き方

出典:「岡山市中区 翠香ペン習字・硬筆教室 Powered by Ameba」

親しい間柄であれば電話でお礼の言葉を伝えてもよいですが、正式なマナーにのっとるのであればお礼状を出しましょう。
「お礼状」と聞くと堅い印象を受けますが、自分の言葉で感謝の気持ちを伝えればOKです。お礼状はお歳暮をいただいた感謝の気持ちの他、家族も喜んでいる様子や、今後もお付き合いをお願いする言葉、相手の健康を気遣う言葉などを入れるとよいですよ。

■マナーを守ったお歳暮で感謝の気持ちを伝えよう

お歳暮の起源をはじめ、贈る時期や品物の内容・金額、贈り方など、お歳暮に関するマナーをご紹介しました。お歳暮は日頃の感謝の気持ちを伝えるためのもの。しっかりマナーにのっとった上で贈りものをしたいですよね。お歳暮を贈る予定がある方はぜひ参考にしてみてください。

引用文献
「岡山市中区 翠香ペン習字・硬筆教室 Powered by Ameba」
「東京都中央区おけいこサロン SWEET LUXE Powered by Ameba」

zizi

1歳のやんちゃな息子の新米ママです。料理とダンスが好きで、よく子ども向け番組を見ながら息子と踊っています♪
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!