Baby&Kids

「子どもとの外出が苦痛」それは大物を育てているサインです!

vol.797【1日1成長お母さん】じっとできない子は“悪い子”ではなく、好奇心旺盛な良い子です

外出先で子どもが走り回っちゃう!楽しいはずのお出掛けなのに視線が痛い

お母さんの中には家で過ごすのが好きな人がいれば、「ずっと子どもと一緒に家にいるとストレスが溜まっちゃう。どんどん外出したい!」という行動派の人もいるでしょう。しかし子どもが3歳くらいの頃は、電車やショッピングセンターなどで、じっとせずに走り回ったりすることもあります。こうなると楽しいはずのお出掛けが「人に迷惑を掛けちゃう」とハラハラしたり、周囲の視線を冷たく感じたりすることもあるかもしれません。

3歳の子どもがじっとできないのは、生まれ持った性格の影響が大きい

同じ3歳くらいでも、電車に乗ってもレストランに入ってもお母さんから離れず静かに座っている子がいます。その一方で一瞬たりともじっとできず、動き回っている子もいます。これはただお母さんのしつけができている、できていないという問題ではなく、その子の生まれ持った性格の影響が大きいのです。そしてじっとできない子が“悪い子”というわけではありません。お母さんは大変でしょうがこのタイプの子も“良い子”なのです。

好奇心旺盛で気になる物は触りたい!なかなかじっとするのは難しい

子どもの生まれながらにして備わっている性格を“気質”といいます。じっとするのが苦手で動き回っているタイプの子は“アクティブタイプ”といい、比較的男の子に多くいます。このタイプの子は好奇心旺盛で気になったものは「近くで見たい」「触ってみたい」と思い、その衝動を抑えるのが難しいのです。4歳くらいからは少しずつ自分の気持ちをコントロールする“自律性”が発達しますが、それでもこのタイプの子が急に大人しくなることはあまりありません。

今の苦労は将来報われる!「ダメ」と言うのを減らすと自ら学び多才な人に

ときには「じっとできる子のお母さんだったら、もっと自由にあちこち行けるのに」なんて考えてしまうこともあるかもしれません。しかし気質は変えることはできません。今は大変でも、この苦労や努力は必ず報われる日は来ます。色んなことに興味を持つこのタイプの子はできるだけ「ダメ」と禁止せずに育てると自ら学び多才な人になります。実は社長になる人はアクティブタイプが多いのです。今は未来の社長のわんぱくな武勇伝をたくさん楽しんでくださいね。

今日の1日1成長

じっとするのが苦手なタイプはなるべく「ダメ」と言わずに育てよう
子どもの行動力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
田中京子(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!