Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

子どもは真似して自然に身につける!行動のモデルを示そう

vol.809【1日1成長お母さん】子どもの直させたい行動は正すよりも、見本を見せて真似させよう

日常生活の中で、子どもたちは観察し真似する力を発揮していきます

子どもはいいことも、悪いことも真似して覚えることが多くあります。一緒に遊んだお兄ちゃん、お姉ちゃんや友だちの行動を見て同じようにやってみる。見て真似して、自然と自分の行動のベースが日常生活の環境で築かれているのです。幼児期はお父さん、お母さんの行動を真似することも多いはず。小さな子どもにとって未知のことが多い日常生活で、両親の姿がモデルになっていくのです。

正しい方法をよく見せてあげることで、好ましい行動を自然と身につけていく

3歳のMちゃんが1人でトイレに挑戦します。最近は自分で全部「やりたい!」とがんばりますが、後ろを拭くのがちょっと難しくてお母さんを呼びます。トイレットペーパーを上手に切って渡してくれるのはいいのですが、いつもペーパーをくしゃくしゃに丸めてくれます。これではいつもきれいに拭くのがむずかしいだろうと感じたお母さん。受け取ったペーパーをMちゃんの目の前できれいな四角になるよう折り直し、拭いていきます。

好ましい行動をマスターしていけば、気になる行動は減っていきます

子どもの行動で改善したいことが出てきたときに、まずは正しい見本を見せてあげることが効果的です。好ましい行動を観察することは、子どもにとって学習する時間。自分も同じように体を動かしていきながら、もともとしていた行動の修正がされていきます。不適切な行動を消していくことだけでなく好ましい行動を身につけられるので、問題行動の改善にもつながっていきます。言葉で伝えることは大切ですが、小さい子ほど言葉以上に視覚で理解しやすいのです。

日常生活での小さな自立の積み重ねは、成長に大切なステップです

見て真似することで、すぐにマスターできるものばかりではありません。お母さんも根気よく意識して見本を示す時間を作っていきましょう。 日常生活の中での小さな積み重ねが、自然な行動をつくる土台になっていきます。繰り返されていく小さな自立の練習が、子どもにとってもお母さんにとっても助けになる日が必ず来ます。その達成感を子どもと一緒に味わいながら、お母さんも子どもの成長を喜ぶ感動を味わってみましょう。

今日の1日1成長

子どもの正したい行動は、見本を見せて真似させながら自然と身につけよう
子どもの適応力も1成長、お母さんの関心力も1成長。
さわどあさみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

Instagram @mamagirl_jp