Baby&Kids

正論は子どもを追い詰める。しつけに必要なのはお母さんの気持ち

vol.814【1日1成長お母さん】正しいお母さんでいるよりも、気持ちを言えるお母さんになろう

毎日毎日うんざりするほど注意しても言うことを聞かないのはなぜ?

子育ては毎日が格闘ですね。家事もしながら子どもの世話をして、子どものわがままに付き合って。お母さんは毎日大変です。「◯◯しないで!」「何回も言わせないで!」「前も言ったでしょ!」そんな風に1日何度も大声で言います。それでも聞かない子どもたちに、思わず怒鳴ってしまうこともあるかもしれません。実はちょっとした言い方でお互いのストレスが減り、スムーズに意思の疎通が図れます。

正論は子どもの心を硬化させる。「〜べき」ばかりだと息が詰まります

子どもに注意をしたい時、よく「◯◯しなさい」「◯◯するべき」という言葉を使ってしまいます。もちろん正しいことを言っているのですが、〜しなさい、〜べきという言葉は、強制力がとても強くなります。強制されるとなかなか素直に言うことを聞けなくなるのは、大人も子どもも同じです。追い詰めてしまった結果、態度が頑なになりかえって逆効果だった、という経験のあるお母さんは多いのではないでしょうか。

お母さんの気持ちを伝えれば、要求がダイレクトに子どもに伝わる

子どもに物事を伝えたいとき、正論で諭すよりもずっと効果が高い伝え方があります。それが“アイメッセージ”といって、気持ちを伝える方法です。「あなたがこうしたことで、私が嬉しい(悲しい)」という伝え方です。お母さんの気持ちを伝えることで、小さな子どもにはよりダイレクトに、言いたいことが伝わります。子どもはいつだってお母さんが大好きで、お母さんを喜ばせたいと思っているからです。

アイメッセージをしつけに活かす。お母さんの気持ちは意思の疎通に最適

「ご飯を残さず食べてくれて、お母さん嬉しいわ」「お手伝いしてくれてありがとう、助かったわ」というように、子どもの行動の結果、お母さんがどんな気持ちになったかを伝えましょう。お母さんが喜んでいると感じると、子どもは嬉しくてどんどんやるようになります。そうしてやる続けることがいつしか習慣になります。お母さんの気持ちをどんどん伝えて、しつけに役立てていきましょう。

今日の1日1成長

~しなさい!と正すより、自主性を重んじ効果的な伝達法はアイメッセージ!
子どもの対応力も1成長、お母さんの伝達力も1成長。
むらたますみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!