Baby&Kids

よく泣く赤ちゃんは不安が多いだけ。個性だと受け入れましょう

vol.820【1日1成長お母さん】小さい赤ちゃんも1人の人間。泣いて意思を主張しています

子どもの成長がうれしい!その反面、心配や不安が変化し戸惑うことも

赤ちゃんが生まれて3ヶ月くらいになると、お母さんも赤ちゃんとの生活に慣れてきて一緒に出かけることが増えてきますね。近くのスーパーに買い物に出かけるくらいだったのが、一緒にショッピングしたりカフェで過ごしたりと外出する時間も長くなってきます。ベビーカーや、お母さんに抱っこされている赤ちゃんが目につきます。自分の子どもはすぐにグズグズするのに「あの子は大人しい」や「ずっとニコニコしている」など自分の子どもと比べてしまうこともあるでしょう。

新しい環境での子どもの反応は、その子の個性を知るチャンスです

3ヶ月健診に行ったAちゃんとご両親。抱っこされているときは大人しく、周りをキョロキョロ見ていました。計測が始まると驚いて泣き出し、終わってからも大声で泣き続けていました。お腹が空いたのかなと急いでミルクを作り、お父さんが飲ませようとしましたが泣き続けて飲んでくれません。お母さんがしばらく抱っこして落ちつかせると飲み始めました。「他の子は大人しくしているのに、うちの子だけどうして?」とお母さんは子どもの反応に少し参ってしまいました。

子どもの性格に合わせた対応を。みんなと違っても心配しなくて大丈夫

子どもは生まれながらに性格が備わっています。キッズコーチングではそれを“気質”と言い、5つのタイプに分類しています。Aちゃんは少しの変化に大きな不安を感じるタイプ。慣れない場所で不安になり、泣き出してしまったのでしょう。普段Aちゃんのお世話をしているのがお母さんなので、お父さんでは泣き止まなかったのです。このタイプの赤ちゃんは安心できると落ち着いてきますので、お母さんの抱っこが大好きなのです。

短所も長所もみんなもっています。いいところも見つけてあげましょう

慣れない場所に出かけるとニコニコご機嫌な子もいれば泣き出してお母さんから離れない子どももいます。このような反応がその子の持っている個性ですので、泣き出してしまうのはお母さんの育て方が悪いわけではありません。ニコニコしている子がうらやましく思うかもしれませんが、どのタイプの子にも長所と短所を持ち合わせています。不安が多くよく泣く子どもは努力家。認めて受け入れてあげることで、将来的に1つのことを最後までやりぬく芯の強さを見せてくれるはずです。

1日1成長お母さん

赤ちゃんが泣くのは意思を主張しているだけ。不安な原因を見つけてあげよう
子どもの表現力も1成長、お母さんの適応力も1成長
吉田あき(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!