Baby&Kids

元気いっぱいの暴れん坊は、言葉よりも行動でしつけるのが吉

vol.823【1日1成長お母さん】よく動く子には言葉で多くを言うより体に触れて伝える方が効果的

動き回る子どもに毎日ヘトヘト。しつけ方が悪いの?と悩む必要はありません

元気いっぱい、わんぱくな子どもは、いつでも動き回ってテンションが高め。ここでは静かにしてほしい、そばでじっとしていてほしい、というお母さんの願いは、なかなか届きませんね。毎日大声で注意したり、後を追いかけて走ったり。お母さんも体力を使うのでヘトヘトになることでしょう。「他の子はちゃんとお母さんの言うことを聞いているのに、どうしてうちの子はできないの?」と思うこともあるかもしれません。

動き回るのは持って生まれた気質による。お母さんは自分を責めずに対処して

このタイプの子は衝動性が高く、何か関心があるものを見つけると「あっ!」と思うと同時に体が動いてしまいます。動き始めたときにはもう気分が高まっているので、言葉での静止がなかなか届きにくいのです。お母さんの言うことを聞くつもりがないというよりは、動き出したあとはお母さんの声が聞こえていない、と言ったほうが正しいでしょう。実はこんな場合は、言葉よりも行動で伝えた方が効果が高いのです。

聞けない子には動作を加えて伝える。触れ合うことで意識が変わる

例えば「走らないで!」と何度も言うより、子どもの肩や腕を触って静止する方法があります。活発な子は体の感受性も高いので、触られた場所に意識が向きます。そのときに「歩いてね」「座ってね」と告げるのです。手をぎゅっと握って伝えるのも、子どもの意識をこちらに向けることができます。してほしい行動をお母さんが先にやって見せることも、口で言うより伝わりやすくなるでしょう。

活発さは行動力と実行力。興味あることへ1直線の良さはそのまま伸ばそう

活発すぎる子は小さいうちはお母さんが大変な思いをすることもありますが、行動を止められない衝動性は小学3年生くらいから落ち着いてきます。そうするとその活発さは今度は思ったことをやり遂げる実行力となり、粘り強さと諦めない心を発揮できるようになります。今現在の衝動性を押さえつけるのではなく、ぜひいい方向に伸ばしてあげましょう。必ず自分の人生を自分で切り拓く、強さを持った子になるでしょう。

今日の1日1成長

暴れん坊には体に伝える!まず触れて、落ち着いてから言葉にしよう!
子どもの実行力も1成長、お母さんの伝える力も1成長。
むらたますみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!