Baby&Kids

子どものトイトレは楽しもう!スモールステップに分けて習慣化しよう!

vol.824【1日1成長お母さん】トイトレは子どもにとって大きな挑戦!焦らず叱らず楽しく始めよう

○歳になったら?トイトレの始める時期?こだわり過ぎていませんか?

「子どもが〇歳になったらトイトレ(トイレトレーニング)を始めて、〇歳までに完了させなきゃ!」こんな風に気合を入れてもうまくいかないこともありますね。トイトレは、多くのお母さんたちがぶつかる「育児の壁」ではないでしょうか?周りの様子を見て慌てて始めてみたものの、なかなかうまく進まず入園式までにオムツが外れなかったなんていう経験をしたお母さんもいると思います。大切なのはトイトレは年齢に縛られないことが大切です。

年齢はひとつの目安!こだわりすぎずタイミングを待ってあげる事が大切

2歳8ヶ月のT君のトイトレについて相談を受けました。3歳までにオムツはずれができないと不安というお母さん。どうやら周りのお友達が、オムツはずれが終わり焦っているようです。トイトレを始める年齢の目安はいろいろありますが、あくまでも目安なので必ずその通りにいくとは限りません。まずは、子どもがトイレに興味がなければ進みませんよね。お友達がオムツ外れをしたのなら、トイレの様子を見せてもらうのも良いでしょう。

トイトレは「楽しい」という気持ちからスタートするのがうまくいくコツ!

私たち大人にとっては当然のトイレ習慣ですが、子どもにとっては未知の世界。「トイレでするのよ」の声かけだけで、成功するなら苦労はしませんね。子どもにとっても、自分のからだを自分でコントロールする初めてチャレンジ。子どもは「楽しい→できた→分かった」の繰り返しで学んでいきます。これを発達心理学で学びのサイクルといいます。楽しいがなければ「できた」も「分かった」もやって来ないのです。T君もさっそく楽しみながらお友だちのトイレ見学から始めます。

小さな「できた!」の繰り返しで、達成感とやる気を育て自信のある子へ

普段、何気なく私たちがトイレに行く行動も複雑なステップが重なってできています。子どもは「できない」と感じると楽しくないので、やる気もなくします。でも、必ず「できた」を感じられたら、楽しくなります。簡単なステップを積み重ねることで、達成感とやる気を促します。T君は、まずはトイレまで行くことが「できた」を繰り返します。お母さんは、T君に「トイレに来れたね」と今できていることを認める言葉がけをすることにしました。

今日の1日1成長

トイトレに焦りは禁物!子どもの初めての挑戦は、楽しみながら始めよう
こどもの挑戦力も1成長、お母さんの愛情力の1成長
わたなべみゆき(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!