Baby&Kids

甘えん坊が一番強い!自分を信じる心はお母さんとの絆が作る

vol.839【1日1成長お母さん】スキンシップで気持ちを受け止め、しっかりと甘えさせよう

男の子はいつまでもお母さんにベッタリ!甘えん坊は心配いらない

「うちの子いつまでたっても甘えん坊で」「こんなに甘えん坊で、大きくなったらどうなるのかしら」という男の子のお母さんの話をよく聞きます。小さい頃からお友だちとの関係を築く女の子に比べて、男の子はお母さんとの関係がより密接です。いつまでも甘えていると思うと「もう幼稚園児なんだからしっかりしなさい!」と言って、甘えん坊を卒業させようとするお母さんもいるようです。

思う存分甘えさせると子どもの心がグングン育つ!信頼を築くスキンシップ

実はお母さんに甘える行為は男女に関わらずどんどんさせてあげたらいいのです。“甘える”とは、愛情の確認。お母さんは子どもの気持ちを受け止めて、スキンシップを取りながら声をかけるなど、思う存分甘えさせてあげてください。お母さんに受け止めてもらった安心感は、子どもの心を強くします。失敗にもめげることなく、チャレンジできる子どもに育つでしょう。

子どもの失敗をかわりに取り除く“甘やかし”は、百害あって一利なし

一方で気を付けたほうが良いのが“甘やかし”です。甘やかしはお母さんがどんどん子どもに手を出します。難しいことにチャレンジし、失敗して悔しがっている姿を見ると、お母さんのほうが心配になって手を出してしまいます。お母さんが子どもの代わりに問題を解決してしまうのですね。これを続けると子どもはなんでもお母さんがしてくれると思うようになります。自分で問題に対処する気持ちを持たなくなるのです。

甘えさえ上手は見守り上手。気持ちを受け止めると自信のある子になる

上手に子どもを甘えさせてあげるお母さんは、見守り上手と言われます。子どもの悔しい気持ちややり遂げたい気持ちをしっかり受け止めて「やってらっしゃい」と送り出すことができます。お母さんにしっかり甘え、安心を感じている子どもは自分を信じられます。「大丈夫よ」「できるよ」というプラスの言葉をかけて、子どものチャレンジ精神を応援しましょう。きっと自分を信じて、希望を持ってチャレンジできる子になるでしょう。

今日の1日1成長

「できるよ」信じる言葉とスキンシップで、子どもをしっかり甘えさせよう
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの表現力も1成長。
むらたますみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!