Baby&Kids

イヤイヤ期のかんしゃくは心をコントロールする練習中!

vol.924【1日1成長お母さん】気持ちに寄り添い落ち着かせて、感情を伝える言葉を教えよう

かんしゃくは成長の証。自分の意志がうまく伝えられないことで起こる

自我が芽生え始める2歳頃、思い通りにならなかったり思ったことが伝えられないということがあります。突然暴れ出し、泣いて止まらない!なんてことありませんか?知能が発達すると自己主張が強くなります。
体や言葉の発達はまだ未熟なので「やりたいのにうまくできない」というイライラする時期なのです。かんしゃくに対して感情的に「いい加減にしなさい」と言ってしまうと逆効果!更にエスカレートし収拾がつかなくなります。

リピート法で気持ちに寄り添い、心を落ち着かせよう!タッチングも効果的

2歳のCちゃんはなんでも自分でやりたがります。今朝もボタンをはめようと頑張っていました。でも中々うまくいかず「できない!」と泣き出しました。
お母さんは優しく「うまくできなかったのね」と声をかけ、背中をトントンとタッチングしました。
子どもが言った言葉をリピート法で繰り返し、気持ちに寄り添うことで「お母さんもわかってくれた」と安心します。またタッチングを段々ゆっくりすることで落ち着いてくるのです。

どうしても治まらない時や対応に困った時は“7秒間抱っこ”で愛情攻撃!

イヤイヤ期になるとかんしゃくがどうしても治まらず永遠に泣き喚くことがあります。どうにもならない!そんな時は“7秒間抱っこ”で落ち着かせましょう。
抱っこを7秒以上続けることにより、脳から愛情ホルモンと言われる“オキシトシン”が分泌されます。この時期はお母さんのストレスも人一倍!
対応に困った時も“7秒間抱っこ”により、お母さんの脳からも愛情ホルモンが分泌され親子で落ち着けます。

イヤイヤ期は必ず終わる!心をコントロールする練習の時期と捉えよう

イヤイヤや反抗は自分の意志を主張できるようになってきた証拠!自分で心をコントロールし落ち着けるようになる為の練習の時期です。
「我慢しなさい!」と押さえつけてしまうと成長を妨げてしまいます。気持ちに寄り添い、うまく表現できない場合には「悲しかったね」「悔しかったね」と感情を伝える言葉を教えましょう。
思っていることを言葉で相手に伝えられると情緒が安定するため、落ち着いて行動できるようになります。

今日の1日1成長

かんしゃくは寄り添う言葉がけと“7秒間抱っこ”で落ち着かせよう!
子どもの表現力も1成長、お母さんの寄り添う力も1成長。
杉岡由香(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!