Baby&Kids

3歳の「やりたい!」の連続が忍耐力を育てる。まずはやらせてみよう

vol.926 【1日1成長お母さん】できない悔しさを経験することこそ、心が育つチャンス

3歳のやる気の育ちは自立の始まり。阻まず、急かさず、寄り添おう

3歳ごろになると、子どもはいろんなことを自分でやりたがるようになります。「自分でー!」「やるー!」「来ないで!」と急にやる気を出し、お母さんを困らせることも多いでしょう。
簡単なことからちょっと無茶だと思う難しいことまで「自分でやる!」のオンパレードです。「今日はお母さんがするわね」「あなたには難しくてまだ無理よ」つい言ってしまいがちなそんな言葉が、お母さんの知らない間に子どものやる気を奪ってしまいます。

「まだ無理よ」優しいはずの言葉が子どもの自信をくじきやる気を奪う

ゆっくりやらせてあげたいけれど、毎日やることがたくさんのお母さんにはそんな余裕がない時も多いものです。
「どうせできなくて泣くんだろうな」「どうせ後片付けは私がしなくちゃいけなくなるし」そう思うと「今日はいいわ」「まだ無理よ」そんな言葉が口をついて出てしまいます。
これが続くと、子どもはどんどん自信を無くします。「自分がやる気を出してもできない」「どうせ自分にはできない」というメッセージを、お母さんの言葉から受け取ってしまうからです。

“できない”を知ると忍耐力が育つ。取り上げずにやらせてみるのが吉

実は3歳ごろの「やりたい!」は単なるやりたいではなく「できるようになりたい」という意味なのです。もちろん中には3歳の子には難しいこともあるでしょう。「できないー!」と叫んで泣くこともあるかもしれません。
ですがその“できない”を経験することこそが、子どもの心のとても大事な部分を育てます。癇癪や悔し泣きなどを経験しつつも達成するまで諦めない“忍耐力”すなわち我慢する心です。

人生の糧になる諦めない心は幼少期に作られる。「自分で!」の声はチャンス

我慢と諦めは異なります。「自分はどうせ」とチャレンジしないのが諦めの心。我慢は“その先にある達成したいことにたどり着くためにするもの”なのです。お母さんが子どものやる気にしっかりと寄り添うと、何事にも諦めない強い心が育ちます。
時間や気持ちの余裕など、お母さんの都合もあるでしょう。毎回とはいかなくても、できる限りやらせてあげてください。子どもの一生の武器になる諦めない心を「自分で!」に寄り添って大きく育ててあげましょう。

今日の1日1成長

「自分で!」にはまずやらせてみて、何事にも諦めない心を育てよう
子どもの忍耐力も1成長、お母さんの対応力も1成長。
むらたますみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!