Baby&Kids

実況中継は効果的!子どもとの楽しい会話がはずむ秘訣です

vol.934【1日1成長お的な言葉母さん】毎日の楽しい会話が、語彙力だけでなく親子の信頼関係も育む

子どもとの会話で最も必要なことは、親が聞き上手になってあげること

子ども同士の会話に耳をすませると時々、驚かされることがあります。大人さながらの言い回しや、時事を使いこなすなど非常に語彙力の高い子がいるのです。
同じ幼稚園や保育園に通っていても語彙力の差が生じる理由の1つに、家庭での会話の時間が関係しているようです。
会話の時間を増やすというと、子どもに多くの言葉をかけてあげれば良いと思うかもしれません。ですが声かけだけでなく、子どもの話を聞くという事も重要なのです。

子どもの言葉への反応は早く、話しはゆっくりにしよう!理解度が上がります

子どもの興味のあるものを知り、子どもの言葉に素早く反応しましょう。例えば、子どもが「虹だ!」と言ったら「わぁ!綺麗な虹。たくさんの色があるね」「一番上は何色かしら?」と形容詞を使ったり、見たままを実況中継しながら質問しましょう。
この時の素早い反応が大切で話しかけると相手からの反応がもらえる事を知り「会話が楽しい」という気持ちを育みます。
またゆっくり話しかけると言葉を聞き取りやすくなるのでおすすめです。

お母さんの質問の仕方を少し変えるだけで、子どもの返答も大きく変わる

食事の時間も会話をはずませる大切な時間です。お母さんにとっては、食事の時間こそ大忙し!と思うかもしれませんね。でも、この忙しい時間こそチャンスです。
食事の支度をしながら実況中継してみると、子どもは出来上がるお料理が楽しみになります。
料理の味を聞く時も「美味しい?」と聞いてしまうと「うん」「美味しい」だけで会話が終わってしまいますので「どんな味がする?」と質問しましょう。意外な答えが返ってくるかもしれませんね。

子どもは知りたがり!賢くなろうと一生懸命なので見逃さずに向き合おう

子どもは日々「なぜ?」「どうして?」「○○って何?」と疑問を抱き、親にその答えを求めてきます。「まだ難しいから分からないよ」など言わずに、なるべく答えてあげるよう心掛けましょう。
子どもに分かるように説明することは手間のいる作業ですが、今は理解できなくても子どもの記憶には残り後に理解することもあります。大変ですが、根気よく付き合ってあげましょう。
語彙力だけでなく、親子の信頼関係も養われることでしょう。

今日の1日1成長

子ども「何で?」には根気よく付き合おう。親も子も語彙力が豊かになります
子どもの表現力も1成長、お母さんの対応力も1成長。
わたなべみゆき(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!