Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

集中力の高い時に、子どもはお母さんの声が聞こえていないのです

vol.949【1日1成長お母さん】 約束や決め事、声かけを的確に届けるには手法があります                        

毎日同じことを注意するのはうんざり。どうして分かってくれないの?

一日に何度子どもを注意していますか?朝の支度やご飯の時、お風呂に入る前や片付けの時など、毎日同じ注意を繰り返すことが多いですよね。
「出したら片付けようね」と約束をしても、なかなかその通りには行動してくれません。「テレビは〇時間」「ゲームはお風呂に入る前まで」なんて言っても守れる日がほとんどなく、しかたなく怒鳴ってしまうこともあるでしょう。
子どもは夢中になると他のことは見えなくなってしまいます。

何かに夢中になっている時は、時間を忘れて没頭してしまうものです

6歳のS君はゲームが大好き。夕食後はお風呂に入るまでお母さんの携帯でゲームをするのが日課です。
その日もゲームに夢中のS君に「お風呂に入りなさい!」と繰り返し呼びかけましたが一向にやめません。しかたなく携帯を無理やり取り上げるとゲームの途中だったS君は泣いて怒ります。
お母さんにとって毎日のこのやり取りがとても苦痛に感じ、どうしたらお風呂に入ってくれるのかが悩みの1つです。

子どもは気が散りやすいもの。約束をする時は少し工夫が必要です

何かに夢中になっている時、子どもは話を聞いていません。返事はするのでちゃんと理解しているとお母さんも勘違いしてしまいます。
約束は事前に、しっかりと目を見てしましょう。子どもの心にインプットされます。1日にどれくらいゲームをしていいのか子どもと話し合い、お互いがその約束を守れるようにします。
最初はなかなか時間通りにゲームを中断できなくても繰り返すことで守れるようになるでしょう。お母さんが約束を守る姿を見せることも大切です。

やり方を少し変えるだけで、約束を守れる子どもに変化していきます

同じことを注意するのは3回までが効果的です。なぜなら行動が改善される確率は4回以上注意しても3回の時と変わらないというデータがあります。
また注意を繰り返したお母さんは最後に感情的になってしまいがちです。感情的に叱れば子どもの自己肯定感を下げることになります。
注意喚起は3回までに心がけましょう。事前の約束を親子で確認し、信頼関係をしっかり作って約束を守れるよう導いてあげましょう。

今日の1日1成長

約束ごとは親子で話し合って決め、まずはお母さんが守る姿を見せよう
子どもの適応力も1成長、お母さんの柔軟力も1成長。
吉田あき(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp