Baby&Kids

魔法の言葉と悪魔の暗示。お母さんの言葉が子どもを変える

vol.950【1日1成長お母さん】子どもの積極性は、お母さんの肯定的な言葉で促進される

子どもを思ってかけている言葉。悪魔の暗示になってはいませんか?

子どもの行動範囲が広がるとハラハラする毎日のお母さん。子どもの安全を考えて「転ぶよ」「落ちるよ」と怪我をすることを心配して言葉をかけます。
でも、我が子を心配してかけた言葉が実は悪魔の暗示になるのです。お母さんが「転ぶよ」と声をかけると子どもの頭の中にそのイメージが浮かびます。
転ぶ確率が50%も高くなってしまうのです。「歩いて」「止まって」と肯定的な指示をすることが危険回避の魔法の言葉になります。

大好きなお母さんの言葉。肯定的でも否定的でも子どもはよく聞いている

自由に動ける喜びを感じ始める1歳の時期。好奇心旺盛で多くのことに挑戦しようとします。子どもが危険だと判断した時に「難しいよ」「無理だよ」と言葉をかけるお母さんは少なくありません。
でも子どもは「あなたは、できない子よ」と言われているように感じます。子どもが成長し「難しいからやらない」と言った時、積極性がない子だと思っていませんか?
大好きなお母さんの言葉が子どもの積極性に影響を与えている可能性があります。

お母さんの「できるよ、やってみよう」が積極的に行動する子を育てる

初めてのことに挑戦する時に失敗はつきものです。お母さんの言葉がけによって、子どもは積極的にも消極的にもなります。
子どもがやる気になり、何事にも挑戦する魔法の言葉は「できるよ」という背中を押す言葉です。無理だと思っても、心の中に留めておきましょう。
また、失敗してしまっても少しの成長を見つけて「できたね」と伝えることが重要です。子どもはやる気になって取り組むだけで、大抵のことはできるようになります。

肯定的な言葉がけが子どもとお母さんの自己肯定感を育み、生きる力になる

お母さんが肯定的な言葉がけで接している子は、たくさんのことに興味を持って失敗を恐れず挑戦できるようになります。同じ注意でも、肯定的な指示は行動を未来へ導きます。
言葉を意識するお母さんの考え方にもよい影響を与えます。お母さんのポジティブさは子どもに伝わり、自分のことが大好きであるという感覚である“自己肯定感”が育つことに繋がります。
お母さんの肯定的な魔法の言葉で積極的に子どもの自己肯定感を育てましょう。

今日の1日1成長

お母さんの言葉の魔法で子どもの積極性を高め、自己肯定感を育もう
子どもの積極性も1成長、お母さんの魔法の言葉も1成長。
かわさき ちか(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!