Baby&Kids

幼児期の学びは短期の結果を目指さず、一生使える能力を磨く

vol.952【1日1成長お母さん】子どもの目の前にある興味や関心に没頭できる環境をつくろう

子どもの楽しい!を応援して、集中できる時間をたくさんつくろう

幼児期に文字が読めたり書けたりする以上に意識してほしい力があります。その1つが学ぶ力です。
幼児期に身につける基礎力はすべての土台として今後の学習能力に繋がっていきます。文字が読めるように教えるよりも、文字に興味を持ったらその探求心に沿って情報を与えてあげる。
子どもの好奇心に沿って、お母さんがサポートしてあげると子どものやる気や集中力が育っていくのです。

学ぶ力を備えていくと、日々の探求が楽しい遊びの時間になっていく

6歳のⅮくんはレゴが大好きです。レゴの本を引っ張り出して自分の好きな世界を作る参考にしています。作っている時の集中力はお母さんも感心するほど。
時には折り紙やあやとり、文字や漢字にも興味を持ってお母さんに聞いてきます。興味に沿って一緒に本を見ることで、自分から見る時間も増えました。
自分に湧く好奇心に純粋に集中する姿は楽しさにあふれて見えます。学ぶ力を蓄えてきた1つの姿です。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]