Baby&Kids

行動的でわんぱくな子が、机に向かう集中力を身につける方法

vol.954【1日1成長お母さん】3歳からの一人で集中する時を逃さない、環境を整えて次に導こう

椅子にじっと座っていられない子の心配も、お母さん次第で解決に導ける

やんちゃでわんぱくなタイプは男の子に多いものの、女の子にも時々見られます。「やってみたい」という気持ちを抑えられず、お母さんの声に聞く耳を持たずに天真爛漫に動き回ります。
キッズコーチングにおいて2歳という年齢は集中力を育む大切な時期とされています。そんな時期でも周りの子のように座って何かに集中することがなかなかできなくて、お母さんも心配になることがあることでしょう。

座って一つのことに集中するのが苦手な好奇心旺盛タイプの子がいます

2歳半のMくん、何でも自分で確かめようと家の中でも動き回っていろんなものを触っていきます。時には物を投げたり、机に上がってみたりとやんちゃで落ち着きがなくお母さんも心配が尽きません。
遊びに来た友達が座ってお絵かきをしている時も、なかなか同じようにはできなくて部屋の中を行ったり来たり。小学校に入学しても、じっと座っていられないのではと心配の尽きないお母さんです。

ミニカーを行ったり来たり、同じことを繰り返し始めた時が遊びの切り替え

そんな活動的な子も3歳に近づくと体を動かし自分の気持ちを表現する欲求から、知能を使って表現する欲求に変わってきます。この時期に頭を使う遊びをすることが集中力を育み、落ち着きを身につけるために大切です。
いつもは落ち着きがなく走り回っている子が、こぼした水をひたすら床に広げたりと1人の世界に入っている姿が見えたら頭を使い始めるタイミング。やり切るのを見守ったら、お母さんから「ブロックしてみる?」「粘土遊びしてみる?」と次に誘ってみましょう。

知能を使う遊びで感情を発散させよう!動きたい衝動が落ち着きます

知能を使う遊びにはブロック、パズル、お絵かき、粘土遊び、工作などがあります。手先をよく使う作業を取り入れてあげましょう。
また一つのものに興味をひくために、好奇心旺盛な子ほど静かで余計なものが少ない部屋を準備してあげます。
行動派のわんぱくな子が落ち着きを身につけるためには、集中するタイミングをお母さんがよく気にかけながら上手に促しましょう。小学校に入る頃には心配したことも忘れてしまうことでしょう。

今日の1日1成長

走り回っている子がじっと何かを始めたら、次は知能を使う遊びへ促そう
子どもの集中力も1成長、お母さんの適応力も1成長。
さわどあさみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!