Baby&Kids

子どものやる気に火をつける言葉「頑張ってるね」「できたね」

vol.981【1日1成長お母さん】エールを送るなら「頑張ってね」を「頑張ってるね」に変えよう

何気なく言っている「頑張って」は子どもの心に負担を掛ける場合がある

お母さんが子どもに何気なくかけている言葉「頑張ってね」。
保育園に送って別れる時、習い事の時、色んな場面で子どもにエールを送ろうと「頑張ってね」と言っているお母さんは多くいることでしょう。特に意味も考えずに挨拶のように言っているなんてこともあるかもしれません。
でも子どもはお母さんの言ったことをそのままの意味で受け取ることがあります。何気ない「頑張って」は子どもの心に負担を掛ける場合があるのです。

「頑張って」はさらなる努力を要求する言葉。子どもの重荷になることも

「頑張って」と言われた子どもは「目標やゴールに向かってもっと努力しなさい」と言われているように感じることがあります。子どもは大人が思っているよりも普段から頑張っていることが多いものです。
すでに努力をしているのにそれ以上に努力を求められるというのは重荷に感じてしまったり、「お母さんは私の頑張りを認めてくれていない」と悲しい気持ちになったりすることもあります。

「頑張ってるね」と言われた子どもは「これからも頑張りたい」と思える

「頑張って」という言葉を使わない方がいいのなら、なんて声をかけたら子どもにエールを送れるのでしょうか。
それは「頑張ってるね」です。たった一文字しか変わらない言葉ですが、意味は大きく変わります。
「頑張ってるね」は、子どもがすでに努力していて、それをお母さんは認めているという意味になります。こう声をかけられた子どもは、安心して「これからも頑張りたい」という気持ちを持てるようになります。

やる気スイッチを押せる言葉。「すごい」よりも「できたね」と声を掛けよう

もう一つ、子どもにエールを送るのにピッタリに言葉は「できたね」です。どんな小さなことでも子どもは「できた」と感じることが、やる気スイッチになるのです。
子どもが細かいパズルを完成させたら「わあ!すごいね」なんて言ってしまいがちですが、これは子どもを評価する言葉です。評価を気にしすぎる子どもは新たなる挑戦を避けたがることもあります。
「パズルできたね」と言われると子どもは自分の成長を確認でき、さらなる成長に向けて努力をするようになります。

今日の1日1成長

子どもにエールを送るなら「頑張ってるね」「できたね」と声をかけよう
子どもの成長力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
田中京子(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!