Baby&Kids

短所はお母さんの思い込み。むしろ長所として捉えよう

vol.984【1日1成長お母さん】本当に足りない?見る角度を変えてみたら見えるものがある

お母さんは子どもの短所を見つけるのが得意。長所探しも得意になろう

きちんと子育てしたいと思えば思うほど、子どもの足りない点ばかり目が行って悩んだ経験のあるお母さんは多いのではないでしょうか。
「うちの子どうしてこうなのかしら」「他の子より◯◯ができない」など、思わず反射的に比べてしまい、ついつい小言を言ってしまったりもするものです。
“短所は長所”とは言いますが、短所を見つけた時に穏やかに長所として置き換えるのは、実際はなかなか難しいですね。

人によって違う捉え方。短所に見えるところこそがかけがえのない長所

5歳のSちゃんはとても口が達者で、少し偉そうだとお母さんは感じています。
幼稚園でも「今これをしなきゃいけないんだよ!」「手を洗ってって先生が言ったでしょ!」そんな風に他の子達に命令口調で話します。心配になってお母さんが先生に相談すると、意外な言葉が返ってきてびっくりしました。
「周りをよく観察している証拠ですよ。それに注意するだけではなく、遅い子を手伝ってあげたりしてお世話も上手なんですよ」

子どもの長所を教えてくれるリフレイム。心配な時こそ言い換えてみよう

同じ事柄でも人によって捉え方が違うように、どんな見方をするかによって見えるものが変わってきます。お母さんはSちゃんの行動を欠点として捉えていたのですが、先生は“長所”として捉えていたのです。
先生の言葉でお母さんは「そうか、周りが見えているから注意もお手伝いもできるんだな、案外観察しているのね」と安心することができました。このように物事のポジティブな面を強調して言い換えることをリフレイムと言います。

ポジティブな言い換えでお母さんの気持ちもポジティブに変換しよう

リフレイムすると、物事の捉え方をポジティブに変換することができます。子どもを見る時にそれができれば、余計な心配をしなくてもすむでしょう。
心穏やかに接するお母さんの笑顔は子どもの自信につながります。ぜひ日頃からリフレイムを心がけて、ポジティブな言葉をかけてあげましょう。
失敗に押しつぶされることなく、次のチャレンジに目を向ける前向きな子どもになるでしょう。

今日の1日1成長

子どもの短所は長所探しの一番のヒント!違う角度から言い換えてみよう
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
むらたますみ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!