Baby&Kids

褒め方、叱り方のコツ!結果ではなく行動に注目しよう

その時子どもは何をしてた?観察すると、褒め所も叱り所も見えてくる

子どもを観察してみると、結果がいい時も悪い時も、それに繋がる“行動”が必ずあります。簡単な例を出すと“かけっこで勝てたのは、最近外で走り回ることが増えたから”“コップを倒してしまったのは、指先でつまもうとしたから”などです。お母さんは結果ではなく、この経過の行動を口にしましょう。「最近ずーっとお外で走ってたもんね」「コップを指先でつまもうとしてたからだね」子どもには“お母さんが見てくれている”という安心感も育ちます。

結果に繋がった“行動”を見つけて口に出すと子どもが考える糸口になる

褒める時・叱る時に経過の行動を告げると、子どもには評価ではなく改善点が伝わります。「もっと早くなりたければ日頃からもっと走ればいいんだな」「コップを倒さないようにするには指先ではなく手全体を使うんだな」などです。評価せずに行動を口にすることで、子どもは次にどうするかを自分で考えて決めることができます。子どもの工夫がどんどん育ち、困難にぶつかっても自分で乗り越えることができる子になるでしょう。

今日の1日1成長

行動に焦点を当てて伝えると、子どもの工夫する力がどんどん伸びる!
子どもの工夫力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
むらたますみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]