Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

お母さんのギュッと抱きしめて伝える言葉が子どもの心に伝わります

vol.1001【1日1成長お母さん】しつけは「させなきゃ」と追い込むよりお母さんの思いを言葉にしよう

日常生活での約束、何度言っても聞いてくれない子育てから抜け出そう

生活の中でしつけのため、子どもに守ってほしいことがたくさんあります。就寝や起床の時間、夜は歯磨きとトイレを必ず済ませて寝ること。帰ってきたら手洗いうがいをすること...挙げだしたらきりがないくらい、子どもたちに習慣にしてもらいたい事があることでしょう。
それはお母さんの子どもを思っての愛情。でも子どもには、めんどうなことと伝わるものも多いでしょう。

早く寝てくれない二人の子どもにお母さんの言葉はどんどん増えて積み重なる

4歳のRちゃんと6歳のMくんは、今日も約束の寝る時間を過ぎて布団の上ではしゃいでいます。朝、なかなか起きられない二人に「明日も起きるのが大変だから早く寝ようね」何度言ってもなかなか聞く耳を持ちません。
「早く寝なさい!」「明日、起きられなかったらおやつなしだよ」とだんだんお母さんもヒートアップ。「早く寝なくて朝起きられないのは、お母さんも大変なんだから」と続きます。

伝わらないときは気持ちを切り替えて、大好きな二人をギュッと抱しめよう

本来伝えたいはずの思いとは裏腹にヒートアップしていく言葉のループ。お母さんも苦しくなってしまいますね。そんなときは抱しめながらお母さんの心配する思いを言葉にしてみましょう。
「お母さんは朝、二人が元気に起きられるかとっても心配なの。今日も朝の支度が眠くて大変だったよね。心も体もちゃんと休めて明日元気に出発できたら嬉しいな。ちゃんと寝ると背も伸びるんだよ。二人の体を大切にしてあげようね」「RちゃんとMくんが大好きだから心配で言っているんだよ」

伝えたい気持ちと同じくらい、子どもの言い分も聞く姿勢で歩み寄ろう

二人で遊ぶことに夢中で聞こえていなかったことも多いRちゃんとMくん。ギュッとしてあげることでお母さんの声が耳に届いていくことでしょう。
子どもは愛を感じると意外と素直になるものです。せっかくのお母さんの愛情を伝わる形で届けましょう。
心に響く伝え方、それは北風と太陽の絵本に出てくる太陽のような伝え方なのかもしれません。お母さんが子どもを思う、あたたかい気持ちをいつも忘れずにいたいですね。

今日の1日1成長

何度もいろんな言葉で怒るよりギュッと抱きしめてお母さんの気持ちを伝えよう
子どもの受容力も1成長、お母さんの愛情力も1成長。
さわどあさみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp