Baby&Kids

新生活でストレスを感じていたら、いつも以上に体を動かそう

vol.1014【1日1成長お母さん】知らないところで子どもは意外と我慢したり頑張っているものです

子どもの様子がいつもと違うと感じたら、心が荒れているSOSかも?

今まで大人しくいい子だったのに、子どもの癇癪や反発が激しくなるときがあります。急に態度が変わると、お母さんも“育て方が悪かったのかしら”と自分を責めてしまうこともあるでしょう。
お母さんの様子をうかがいながら怒られそうなことをしたり、普段できている事を「できない!」と言って大泣きしたり。いつもと違う様子は甘えているだけようにも見えますが、子どもがストレスを感じている時期にも見られることがあります。

子どもの心は意外と繊細。不安や変化が子どものストレスになることも

いつもやりたい放題で自由に過ごしているように見える子どもですが、見えないところで頑張って我慢していることがあります。
進級でお友達や担任の先生が変わったり、下の子が誕生したり。環境が大きく変化すると、お母さんが思っている以上に子どもの心に負担を感じているものです。
新しい環境に慣れる前に「これくらい自分でやりなさい」なんて言ってしまうと、知らない間に子どもを追い詰めてしまうことになりかねません。

体を思いっきり動かす事で、イライラした心を安定させ笑顔を取り戻せます

子どもがストレスを感じていると察したら、いつもよりたくさん運動をさせましょう。実は感情をコントロールする機能は運動機能と密接な関係があります。
大人でも体を動かすと爽快な気分になった経験があることでしょう。思いっきり体を動かすことでカチカチに固まっている心をほぐすことができます。
ぜひ、子どもが大好きな公園に行って一緒に体を動かしてみましょう。公園まで行けなくても、お風呂上りに体操するなど体を動かすための工夫をしてみましょう。

お母さんの愛情が子どもの心を強くし、困難を乗り越えるパワーになる

子どもが新しい環境で頑張っているからこそ、安心できるお母さんの前では反発をしてしまうことがあります。
反発の激しい時期を放置すると長引く恐れもありますので、しっかりと向き合い愛情を注ぎましょう。
新しい事に挑戦し、乗り越えられるパワーの源はお母さんの愛情です。一日の終わりには子どもを抱しめてあげましょう。普段から子どもに声をかけ、心をかけることでお母さんがいつも見てくれていると思え頑張ることができます。
新生活スタートの時期、子どもに寄り添って一緒に乗り越えていきましょう。

今日の1日1成長

子どももストレスが溜まる。そんな時はお母さんと一緒に公園でヨーイドン!
子どもの適応力も1成長、お母さんの愛情力も1成長
吉田あき(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp