出典:@ chiicamera さん

Baby&Kids

お宮参りのお祝い・お返し完全ガイド!習わしやマナー、相場も徹底解説

赤ちゃんが誕生すると、名づけの次に行う大きな行事が「お宮参り」です。お祝いをする側になることもありますし、お祝いを受ける子どもの親となることもありますよね。
けれど、意外と知られていないのがお宮参りのお祝いに関するマナーについて。相場やのし袋の書き方、お返しの有無について知っておくと、お宮参りの際あたふたすることなく済みますよ。

お宮参りのお祝いマナーについて、いっしょに見ていきましょう。

 

■赤ちゃんの大切な行事!お宮参りとは何?

出典:photoAC

子どもが誕生すると、七五三や初節句などお祝い行事がいくつかあります。
そのうちのひとつ、お宮参りとは、子どもが誕生したことを神様に報告し、健やかな成長を祈る儀式のことです。お宮参りのほかに、初宮参りや初宮詣と呼ばれることもありますね。

お宮参りは、生後1カ月ごろを目安に行います。ここで男女の違いがあり、男の子は生後31日目、女の子は生後32日目と言われているそうですよ。
しかし、最近では地域や天候、赤ちゃんやママの体調も考慮して、しきたりにとらわれ過ぎずに行う方が増えています。お宮参りは、地域の氏神様に参拝するのが一般的ですが、縁のある神社や好きな神社にお参りしても良いのだそう。


 

■お宮参りのお祝いについて知りたい!マナーはあるの?

出典:@chiicameraさん

日本には古くから伝わるしきたりや習わしが多く存在しますね。お宮参りのお祝いには守るべきマナーがあるのでしょうか?
ここで一度、お宮参りのお祝いにまつわるしきたりやマナーを知っておきましょう。

 

・お宮参りのお祝いは誰が誰に払うの?

出典:photoAC

お宮参りのお祝いは、両家の祖父母から孫へ贈ります。
お宮参りでは、当日の着物代や食事代だけでなく、写真撮影代や初穂料などさまざまな費用がかかります。
両家の負担バランスも大切なので、母方が着物代や食事代を負担するのであれば、撮影代などは父方の実家が負担するなど、相談しながら決めると良いですよ。ほかにも費用を負担するのではなく、両家共にお祝いとしてご祝儀を渡すという方法を取られている方も多いよう。

・お宮参りのお祝いは兄弟も払うの?

出典:photoAC

出産祝いを贈ったあとすぐとなるお宮参りでは、兄弟からのお祝いはしていない方が多い傾向にあります。
こちらも、両家の兄弟でそろえておくと良いですね。

友人に関しても同じで、お宮参りのお祝いをすることは少ないそう。どうしてもお祝いがしたい!という思いがあれば、プチギフトなどを贈るものおすすめです。
 

・お宮参りのお祝い、相場の金額は?


お宮参りのお祝いにお金を用意する場合は、いくら準備すると良いのでしょうか。
一般的な相場は5,000円~10,000円と言われています。


しかし、お祝いの金額はお宮参りの費用負担によって上下することも少なくないようです。誕生した子どもの両親が費用を負担した場合は、お祝いとして両家の祖父母から10,000円ずつ贈られたという方や、費用は両家の祖父母が分担して負担し、お祝い金はなかったという方も。

 

・お宮参りのお祝い、のし袋や封筒の書き方は?

出典:photoAC

お宮参りのお祝いは、のし袋に入れて渡す必要があります。
そこで、まず封筒としてのしと蝶結びの水引(紅白)がついているものを準備しましょう。

表書きは、「御祝」、「お祝い」や「祝御宮参」、「祝初宮参」と書きます。下段には、贈り主の名前を忘れずに。

 

・お宮参りのお祝い、お金の入れ方は?

出典:photoAC

お宮参りのお祝いはご祝儀ですので、事前に新札を用意すると良いでしょう。
用意するのが難しい場合は、手持ちのお金の中からきれいなお札を選んでくださいね。お札は、顔が印刷されているお金の表側をのし袋の表側にくるように入れます。複数枚入れる場合は、お札の向きをそろえておくと良いですよ。

また、関西地方では、「紐銭(ひもせん)」と呼ばれるお祝儀をお祝い着の紐にぶら下げる風習があるようです。
この風習は、「赤ちゃんが一生お金に困らないように」との願いが込められていいるのだとか。


 

・お宮参りのお祝い、いつ渡すのがよい?

出典:@toiro_photographさん

お宮参りのお祝いはいつ渡すと良いのでしょうか。
これに関して特に決まりはなく、当日に渡す方や、準備に役立てて欲しいという思いから当日までに渡す方もいるようです。渡すときにはお祝いの言葉も添えると、より気持ちが伝わりますよ。

 

Recommend

世界に一つ!家族の手形が残せる『ファミリーハンドプリント・フレーム』で記念アートに挑戦!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]