Baby&Kids

産後の寝不足の日々はお母さん大好きな優しい子を育てる道のり

vol.1040【1日1成長お母さん】お母さんとの触れ合いが安心できる環境を作り、優しい心を育む

“赤ちゃんは1日の大半を寝て過ごす”なんて嘘!睡眠時間も子どもの個性

出産前に育児本などを読んでお世話の仕方や子どもとの生活について学び、出産に臨む人もいるのではないでしょうか。赤ちゃんは1日の大半は眠って過ごすと書いてある育児本もあります。
でも実際は「こんなの嘘だ!」と叫んでいるお母さんが多いものです。赤ちゃんの中には新生児の頃から睡眠時間が短く、夜も2時間毎に目覚め、お母さんを寝不足にしてしまう子がいます。
大きな声で泣き、お母さんの中には睡眠不足によって気分が落ち込む人もいるほどです。

夜も頻繁に起き、昼間の睡眠時間も少ない赤ちゃんを育てるお母さんの本音

生後2カ月のHくんのお母さんは、子どもはかわいいのに子育てが辛く感じることを悩んでいました。
3時間継続して眠れない毎日。機嫌を見て布団に寝かせてもすぐに泣き始めるHくん。耳栓の購入を本気で考えるほどの、近所に響く大きな声。お母さんは寝ても覚めても抱っこの日々にうんざりです。
お父さんも積極的に協力してくれますが睡眠不足は変わりません。寝不足のイライラが募って、上の子に強い言葉で注意してしまっては反省して落ち込む、ということもよくあるそうです。

お母さんの温もりが大好き。触れられることで安心して眠ることができる

睡眠時間が少ない赤ちゃんは、お母さんの温もりが感じられない時などに大きな声で泣くことが頻繁にあります。Hくんのお母さんも「抱っこしていないと寝なくて寝不足!」と言っていました。
しかし逆転の発想をすれば“抱っこしていれば寝る”ということです。例えば、ピタッとくっつくことが可能な抱っこひもを使用し座ったままの体勢であれば、比較的長めに寝ることが可能になります。腰や肩が痛くならないように、クッションなどを使用して調整してくださいね。

幼児期までに手がかかる子は、小学生にはお母さんを助ける優しい子になる

ピタッとくっついて抱っこをしたり背中をなでたり優しくトントン叩くなど、意識して触れ合うと比較的泣き止みやすいでしょう。赤ちゃんの頃に充分な抱っこをされ愛情を注がれた子は、自己肯定感が高く自信のある子に育ちます。
赤ちゃんの頃に手がかかった分、小学校の中学年の頃には大好きなお母さんを手伝ったり気づかったりする優しい子に育ちます。今はたくさん触れ合い、スキンシップの時間を大切にすることで安心感を与えてあげましょう。

今日の1日1成長

お母さんの愛情たっぷりの触れ合いが活発な子の優しい心を育てる
子どもの愛情力も1成長、お母さんの包容力も1成長。
かわさきちか(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!