Baby&Kids

子どものやる気を引き出し才能を伸ばす魔法の言葉「できたね」

vol.1046【1日1成長お母さん】子どもができていないことよりも、できたことを探してみよう

お母さんの対応や声掛けで、子どもの能力を伸ばすサポートができる

子どもには特技を身につけてほしい、と思うお母さんは多いでしょう。スポーツでも音楽などの芸術でも、何か得意なものがあれば子どもの自信に繋がります。
色々な世界を知ることができたり良いお友だちを作れたりなど、子どもの人生をより豊かにしてくれることでしょう。もちろん能力を伸ばし特技を作るのは子ども自身ですが、お母さんの対応や声の掛け方で子どもの才能をより伸ばすことができます。

才能を伸ばすには「これがやりたい」という意思を尊重することが大切

子どもが能力を伸ばすためには、まずは興味を持つことが大切です。いくらお母さんが「バレエを習わせたい」と思っても、子どもが興味を持てずイヤイヤ通っているようでは上達を期待することはできません。
子どもは誰でも「これが好き」「これがやりたい」というものを持っています。お母さんのやってほしいことと違う場合もありますが、才能を伸ばすには子どもの意思を尊重してあげることが大切です。

子どものやる気を引き出すためには、できたことを探して伝えてあげよう

子どもが何かを習い始めたら、より早い上達を望むあまり「そうじゃないわよ」「できてないよ」、などという言葉を子どもにかけることもあるでしょう。お母さんは子どものために言ったとしても、子どものやる気を奪ってしまうのです。
これとは逆に子どもをやる気にさせる言葉があります。それは「できたね」です。お母さんは子どものできている部分を探して、それを伝えてあげればいいのです。

先に子どもができたことを伝えてから、お母さんの言いたいことを伝えよう

習い事の指導は基本的には先生にお任せするものです。でも見学をしていて子どもが先生の指示通りにできていないと、お母さんはどうしても気になってしまうかもしれません。
そんな時は「ダンスの振付を全部覚えられたね」など、先にできたことを子どもに伝えます。その後で「もっと肘を伸ばせたらカッコ良くなるよ」と言うと子どもはやる気を失わずに、お母さんの言うことに耳を傾けてくれるでしょう。

今日の1日1成長  

ダメ出しよりも、子どもができていることを探して伝えてあげよう
子どもの成長力も1成長、お母さんのサポート力も1成長。
田中京子(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!