Baby&Kids

子どもの「見て見て」攻撃にも有効なお約束!待てる子に導く方法

vol.1047【1日1成長お母さん】親が約束を繰り返し守ると信頼関係が育つ。信頼こそ我慢の土台

「見て見て」は大好きな人への愛情表現。気持ちを受け止めてあげましょう

子どもが3歳くらいになると何でも「見て見て」と言ってくる時期があります。これは意思疎通ができるようになった成長の表れです。
でも一日に何度も「見て見て」と言われ、お母さんの忙しい時に限ってさらに激しくなったりします。どうして今なの?と思ってしまいますが、子どもなりに親の関心を引こうと一生懸命なのでしょうね。
子どもの「見て」は大好きな人に伝える言葉とも言われているので、なるべく応じてあげたいものです。

忙しいからといって「後でね」などの曖昧な言葉では子どもは納得しません

3歳頃の子どもはある程度の言葉を理解するようになりますが、まだ自分の欲求を伝えることはうまくありません。子どもにとって「見て」は簡単に親の関心を引ける言葉なのです。
素早く反応してあげると心が満たされ、自己肯定感も育ちます。とはいえ忙しい時に100%応じてあげるのは難しいもの。
「忙しいの」「後でね」と言っても子どもは納得せずに、さらに大きな声で「見て!見て!」と騒いだり泣き出したりと事態は悪くなる一方です。

待つことに終わりがあると分かれば安心できる。はじめは10秒でも大丈夫!

こんな時は具体的な条件を出してあげると効果的です。「あと5分待ってね」「このお皿が洗い終わったら見せてね」と今は無理な状況だけど関心はあると伝えることで子どもは安心できます。
まだ時間を理解できないうちは、音楽などを聞かせて「このお歌が終わるまで待ってね」と待つことの終わりを明確に示してあげましょう。5分が難しいならば10秒からでも良いのです。少しずつ時間を伸ばしながら待つことを教えてあげましょう。

お母さんとの信頼が育まれると、子どもは待つことができるようになる

このときに最も大切なのは、子どもとした約束を必ず守ること。「5分待ってね」と約束したなら、5分後に必ず子ども欲求を受け入れてあげましょう。
子どもはお母さんが自分を見てくれることに安心し、待てば自分の欲求が叶えられることを学びます。それはお母さんは約束を守ってくれるという信頼が築けたという証。
この信頼があるからこそ、子どもは我慢も覚えます。我慢は諦めではなく、自分の願いを叶えるためのもの、と教えてあげましょう。

今日の1日1成長

子どもが「見て見て」と言ったら「5分待って」と具体的な返事をしよう
子どもの忍耐力も1成長、お母さんの愛情力も1成長。
わたなべみゆき(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!