Baby&Kids

真似っこ能力が高い子は“見る”だけでも大切な学習になる

vol.1048【1日1成長お母さん】チャレンジに必要な観察期間。認めて待つと大きな才能の花が咲く

うちの子は積極性がないの?子どもでも石橋を叩いて渡るタイプがいる

お友だちについていく子や同じ遊具でのみ遊ぶ子など、公園での遊具の選び方や遊び方は子どもによって様々。
子どもの中には、新しい遊具でなかなか遊ぼうとせずにお友だちの様子をじっと見てから取り組むタイプの子がいます。そんな子どもの行動に疑問を感じて「やればできるのに、なんでやらないの?」と言うお母さんも多いものです。
子どもの中には、失敗することを特に嫌って行動力に欠ける傾向のある子がいます。

子どもの個性を受け止め、行動を開始するまで待つ素敵なお母さん

運動教室に親子で初めて参加したYちゃん。お母さんと教室の中に抵抗なく入れます。しかし、いざレッスンが始まると動きません。
お母さんも声をかけますがYちゃんはじっと運動の様子を見るだけでした。先生が声をかけるとお母さんが「やり始めるまで時間が必要で」と答えてくれました。
運動を開始してから20分ほど経った時、Yちゃんは自ら参加しはじめました。お母さんはYちゃんの気持ちを理解し、見守る時間を持てる素敵なお母さんでした。

観察時間が“できた”を生む。真似っこ上手は見る時間が重要な学習時間

このように失敗を嫌い最初にじっくり観察してから取り組むタイプを、テキストタイプといいます。
テキストタイプの特徴が強い子は、先のことを予測する力が生まれ持って優れています。怪我などが少ない反面、失敗を恐れるあまり積極性に欠けるところがあります。
しかし、ずっと挑戦しないわけではありません。持ち前の観察力と真似っこをする能力の高さから、いざ行動を起こすと比較的早くできるようになることも多いでしょう。
観察し納得してからの挑戦が成功への道になります。

たくさんの失敗を経験させることが大切。子どもの積極性を引き出そう

慎重に物事に取り組むので怪我などが少ない点では安心できます。しかし、失敗を避けてばかりいると挫折から立ち直る力や問題解決力が身につかないことも。
このタイプの子には、あえて小さな失敗をたくさん経験させることが大切です。やりたいと言ったことには挑戦させて、失敗してもいい!もっと様々な事に挑戦してみようという気持ちを6歳までに持たせてあげましょう。
積極的に取り組み、持ち前の真似っこ能力でどんどん成功と失敗を繰り返しながら上達し続けていくことでしょう。

今日の1日1成長

お母さんが待ってあげるのが成功への近道。失敗経験で積極性を引き出そう
子どもの挑戦力も1成長、お母さんの忍耐力も1成長。
かわさき ちか(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp