Baby&Kids

子どもの失敗は子どものせい。手をかけ過ぎずに見守ろう

vol.1054【1日1成長お母さん】失敗しない子ではなく、失敗しても解決できる子に育てよう

本当に必要な手助けですか?気配り上手なお母さんは与え過ぎに要注意

お母さんはいつだって子どものことを一番に考えます。子どもが困らないように辛い思いをしないようにと、つい手を出し過ぎてしまうこともあるでしょう。気配り上手なお母さんほど、子どものお世話をし過ぎてしまう傾向にあるようです。
子どもが成長していくには様々な経験を必要とし、その中には辛い思いや困難もあります。その度にお母さんが先回りして助けてあげていては、成長の機会を奪ってしまうことになるので気をつけましょう。

人のせいにする子にしたくなければ、先回りの手助けは控えましょう

Rちゃんはしっかり者の女の子。そんなRちゃんがある日、ピアノ教室で先生にミスを指摘され大泣きしてしまいます。失敗を嫌うRちゃんにいつもお母さんが間違えないようと事前に教えていたのですが、見落としがあったのです。
「お母さんが教えてくれなかったから」と泣くRちゃん。先生は「自分で楽譜を読まないと勉強にならないのよ」と伝えます。この時初めてお母さんは自分の行為が逆にRちゃんに罪なことをしていたのだと気づきます。

子どもの失敗に心を痛めない!できないことを受け入れ見守る環境が大切

子どもは様々な失敗を通して、次はどうするべきかを自分で考え実行します。この積み重ねがやがて社会に出た時に問題を解決する能力へと繋がるのです。子どもが困っていてもすぐに手助けはせずに、今は成長の最中と見守りましょう。
どうしても手助けしたい時は、答えを教えるのではなく自ら解決できるよう導けば良いのです。できない現状に焦らずに、できるまで待ってあげることも必要。その後にどうしたいのかを聴いてあげるようにしましょう。

与え過ぎは毒!先回りや過干渉は子どもの将来には危険な行為と認識しよう

失敗させないようにと世話を焼くより、失敗から学べるように導いてあげる方が得るものは大きいものです。先回りし過ぎてしまうと、過保護や過干渉になってしまう恐れがあるので気をつけましょう。どんな良薬も与え過ぎは害になるものです。
同じように子どもへの保護や干渉も、適度な範囲で行うことで親も子も依存し過ぎなくなるのです。お母さんは頑張り過ぎないで、子どもの成長を信じていつも笑顔でいるように心がけましょう。

今日の1日1成長  

失敗を恐れず行動できる子にするには、親が子どもの失敗と責任を奪わない
子どもの行動力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
わたなべみゆき(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!