Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

お母さんとのスキンシップ効果で、不安な気持ちを安心に変化させよう

vol.1055【1日1成長お母さん】あまのじゃくも受け止めれば、責任ある行動で信頼される人に

何をしても気に入らない!赤ちゃんの泣き声もイヤイヤも不安の表れ

人が生まれ持つ個性の中には、赤ちゃんの頃から“こだわり”が強いタイプが存在します。気に入らないことがあると、しかめっ面でのけ反って泣き叫びます。
上手におっぱいが飲めずに怒る、抱っこしていないと寝ないなど、不安からのこだわりで、お母さんを困らせてしまうこともしばしばです。
少し成長しても「イヤ」と言って気に入らないことを拒否することがよくあります。一度言い出すと頑固で説得に応じないので、お母さんも手を焼くことがあるでしょう。

子どもが不安をさらけだす時は、同時にお母さんの根気強さが試される時

保育園に通うNちゃんは「保育園に行きたくない」「遊びに入れてもらえないかもしれない」と言って、お母さんに毎晩泣きながら訴えます。
楽しい気持ちを表情や言葉に表すのは苦手ですが、不安な気持ちやイライラはストレートに表現するので、周囲の人から機嫌が悪く捉えられてしまうこともあります。
お母さんは心配で仕方がない一方で、心の中では「なんて素直じゃないの?」と思いながらも、Nちゃんの不安からくる言葉をずっと聞き続けたそうです。

子どもの不安を取り除くには、スキンシップと感情表現の仕方がポイント

こだわりや不安の強さから、イヤイヤ期は他のタイプの子に比べて激しさが増します。本人も何が原因で「イヤ」と言って泣いているのか分かっていない場合もあり、お母さんは理解することが難しくて困り果ててしまう時も。
子どもが不安でイライラしていると感じた時は背中などをポンポンと優しくたたくなどのタッチングを意識し、不安な気持ちを受け止めてあげましょう。
感情を表現する言葉を教えてあげるのも効果的です。

“育てにくさ”が自慢できることに変化!こだわりの強さが努力する力になる

赤ちゃんの頃から手がかかり、反抗期と呼ばれる年頃には輪をかけて反抗が激しいこのタイプ。こだわりの強さは、お母さんを何度も悩ませてしまうかもしれません。
しかし、こだわりは成長とともに誇れる立派な才能になります。これと決めた物にはとことん取り組み、適応能力が高く運動神経も良いためコツコツ努力して力を伸ばします。
係や委員活動などで任された仕事は責任を持って取り組むので、周囲の信頼を得ること間違いなしです。

今日の1日1成長  

子どもの不安はタッチングで優しく受け止め、感情表現の仕方を教えよう
子どもの表現力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
かわさき ちか(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp