Baby&Kids

「捨てちゃうわよ」より効果抜群!お片づけ名人を育てる方法

vol.1056【1日1成長お母さん】「お片づけをすると気持ちがいい」という感覚を教えてあげよう

即効性のあるセリフ「捨てちゃうわよ」。これはしつけではなく脅し?

「おもちゃを片づけないと捨てちゃうわよ」この言葉を発したことのあるお母さんは多いでしょう。お母さんは「お片づけができる子になってほしい」という願いを込めて言っているのですよね。
でもこれは、しつけではなく“脅し”です。脅しは即効性があるので便利です。子どもは「捨てちゃダメ~」と泣きながらお片づけをすることでしょう。
しかし、これでは脅されないと行動できない子に育ってしまう可能性もあります。

“捨てられるから片づける”よりも“出したら片づける”という習慣が大切

子育てのゴールは何でしょうか?それは子どもが自立することです。自立するためにはお母さんが指示を出さなくても、自分で考えて行動できる子どもに育てる必要があります。
「おもちゃを捨てちゃうわよ」と言って育てられた子は、お友だちのお家に遊びに行って「ここではおもちゃを片づけなくても捨てられない」とやりたい放題になるかもしれません。「遊び終わったらお片づけをする」と自ら実行する習慣を身に付ける必要があります。

「お片づけって気持ちがいい」子どもにプラスのイメージをつけてあげよう

お片づけの習慣を身に付けるには、まずはお母さんがやって見せてあげることが大切です。
子どもは何でもお母さんがすることに興味を持ち真似をしたがるもの。きっと一緒にやりたがることでしょう。
お片づけができたら「お部屋がピカピカになって気持ちがいいね」とプラスのイメージを伝えてあげます。
「お片づけをしないとおもちゃを捨てられる」というマイナスのイメージを植え付けるより、よっぽど楽しく取り組めるようになるはずです。

「お片づけできたね」この言葉が子どものモチベーションをアップさせる

子どもが自分でお片づけができるようになった時に気を付けたいのが、「偉いね」という言葉です。
一見子どもを褒めて伸ばす良い言葉のようですよね。しかし褒められるためにお片づけをしていては、褒めてくれる人がいない状況ではやりたがらないかもしれません。
こんな時は「お片づけできたね」と言うだけで十分です。実は「できた」というのは子どもの心にやる気に火をつける魔法の言葉。きっと今後もやる気満々で自らお片づけをするようになるでしょう。

今日の1日1成長  

子どもがお片づけをできたら「偉いね」よりも「できたね」と声を掛けよう
子どもの習慣力も1成長、お母さんの伝達力も1成長。
田中京子(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!