出典:photoAC

Baby&Kids

お宮参りの初穂料はどんな封筒に入れる?相場やお金の入れ方も解説

赤ちゃんが誕生すると、成長を祝うさまざまな行事が目白押しです。中でも、お宮参りはビッグイベントのひとつ。一般的にお宮参りとは、地域の氏神様や安産祈願をしていただいた神社などへ参拝し、ご祈祷を受ける行事のこと。ところで、ご祈祷を受ける際に必要な“初穂料”を知っていますか?中には、「どんな封筒に、どのくらいの金額を入れたらよいの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、お宮参りでご祈祷を受ける際に必要な初穂料について詳しく解説します!


 

■お宮参りの初穂料って封筒に入れるべき?

出典:photoAC

初穂料は、お宮参りでご祈祷を受ける際に必要なお金。どのように神社へ納めるのがベストなのでしょうか?
 

・お宮参り初穂料の渡し方についてのマナー

出典:photoAC

一般的には、お宮参り当日に神社の社務所(受付)にて初穂料をお渡しします。
初穂料の渡し方は、お金を直接お支払いするのではなく、のし袋や白封筒に入れて納めるのがベスト。
神社によっては、白封筒のみなど封筒の種類を指定されている場合もあるので、事前に神社のHPや電話で確認しておくと安心です。

・お宮参りの初穂料は誰が払うの?

出典:photoAC

お宮参りの初穂料を誰が払うのかは、特に決まりはありません。赤ちゃんの両親が支払うのが一般的ですが、お宮参りのお祝い金として祖父母からもらうケースも多いようです。
ただし、地方のしきたりなどがある場合もあるので、わからない場合は両親や年上の人に聞いてみるとよいでしょう。

 

・初穂料の金額相場はどれくらい?

出典:photoAC

初穂料は、5,000~10,000円位が相場です。「お気持ちで」と初穂料の金額が決められていない神社の場合は、5,000円以上を目安に包みましょう。
金額が設定されている神社もあるので、事前に聞いておくとよいですね。
またご祈祷に参加する人数が多い場合は、多少金額を増やして包むという人もいるようです。


 

■初穂料の封筒の選び方!どんな封筒に包めばいいの?

初穂料は、水引が白赤・蝶結びののし袋or白封筒に包むのが一般的です。では、具体的にどんな封筒を用いるのが紹介していきましょう。

【白赤・蝶結びののし袋】
のし袋(祝儀袋)は、大きく分けて中袋ありとなしの2種類あります。

出典:photoAC

こちらは、中袋つきののし袋。水引は、何度あっても良いお祝ごとの際に用いる白赤の蝶結びです。ちなみに贈答品などにかけられるのし紙も、何度あっても良いことなので水引は蝶結び☆
中袋つきののし袋に包む金額は、一般的に3,000円以上が目安です。

出典:筆者撮影

こちらは、中袋なしののし袋。お宮参りなどの婚礼以外のお祝い全般に使用できるものです。
包む金額の目安は10,000円くらいまでで、内袋ありののし袋よりも少額なのが特徴。コンビニやスーパーマーケット、100均などでも購入可能です。
中袋あり・なし、どちらののし袋がよいということはありません。包む初穂料の金額に合わせて選びましょう。

 

【白封筒】

出典:photoAC

こちらは白封筒。“のし”はなくても構いませんが、郵便番号を書き込む枠のある郵便封筒はNGなので注意!
まっさらなものを用意してくださいね。

 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]