出典:@ mk9010さん

Baby&Kids

楽チンおしゃれな抱っこひも☆今ナップナップがおすすめの理由

いろいろな種類の抱っこひもが、赤ちゃん用品の売り場にずらりと並んでいます。目についたデザインの抱っこひもや、雑誌によく掲載されている抱っこひもを手に取って購入してみたけれど、実際に使いだすと「意外と肩が凝る」「腰が痛い」「服に合わせづらくて困る」など、悩みはつきません。
そんなとき、ナップナップなら大丈夫!今回は人気の抱っこひも、『napnap(ナップナップ)』をご紹介します。

■ナップナップの抱っこひもを分析します☆

ナップナップの抱っこひもを使ってみたいけれど、どんな機能や特徴があるのか、分からないという方もいるはず。
ナップナップのすべてを一挙公開します!

・ナップナップとは、どんな抱っこひも?

出典:photoAC

実は、作成者の奥様への愛から生まれたナップナップ。わが子をお世話するときに、肩こりや腰痛が悩みとなった奥様の姿を見て、どうにか楽に育児ができるようにしてあげたいという思いから、始まりました。
ナップナップの大きな特徴は、腰ベルトがついているので重さが分散され、楽に赤ちゃんを抱っこできるところです。
現在は腰ベルトのついた抱っこひもが、今や主流ではありますが、ナップナップは整体師や保育士、たくさんのママたちからの声を集めてできた商品。
私たち日本人の体型に合っているので、より自然で楽な体勢を保つことにより、肩こりや腰痛になりにくい工夫がされています。専門家やママたちからの幅広い意見が取り入れられているので、赤ちゃんにもママにも納得の使用感、間違いなしです。

そして抱っこひもは、赤ちゃんが安全に抱っこできることが第一です。
ナップナップは、製品の安全性を保証するSGマークを取得しており、安心して使用できます。さらに、おんぶのときの落下を防止するため、「おんぶ補助ベスト」も製品に装着されているので、赤ちゃんの安全性に配慮されている商品といえるでしょう。

・ナップナップの特徴はこれ!

出典:@napnap_officialさん

ナップナップは欧米で開発されたエルゴなどの抱っこひもとは違い、日本の赤ちゃんのサイズにあった設計になっています。
比較してみると欧米の抱っこひもの多くはサイズ感が大きかったり、ママの体に密着しすぎて赤ちゃんの股関節の開きが大きすぎたり、抱っこ時の赤ちゃんへの負担が危惧されていました。
ナップナップは、対面抱っこ時に股関節が開きすぎないよう、赤ちゃんとママの体がちょうどよくフィットするように配慮されています。おんぶも簡単に安全に、ママもリュックを背負う感覚で使用できるので便利です。

出典:@napnap_officialさん

股関節が開きすぎず、自然な抱っこができるのがナップナップです。

出典:@napnap_officialさん

リュックのようにポケットが大きいので、携帯もお財布もしまえちゃいます☆

・ナップナップの良いところをピックアップ☆

出典:photoAC

ナップナップは、なんといってもお手頃価格がうれしいところです。
生後10日頃からの新生児にも使えて(安全のため、新生児パットの取りつけが必要です)、機能もいいしデザインもよしでこのお得感! たとえ一つ目の抱っこひもで失敗してしまっても、この価格帯ならセカンド抱っこひもとして大活躍してくれるはずです。

出典:@napnap_officialさん

かわいくコンパクトにたためて、ウエストポーチのように持ち運びが簡単にできます。

出典:@napnap_officialさん

抱っこひもの大きなポケットの部分を全開にすれば、ちょうど赤ちゃんの頭がくる部分がメッシュドライ素材に大変身☆
ママも赤ちゃんも、夏の暑い日も蒸れず快適に抱っこタイムを過ごすことができます。暑い日もノンストレスで過ごすことができて、うれしいですね!

・あえて言います!ナップナップのネックポイント

ネックポイントをちゃんとお伝えできるのは、商品に自信がある証拠です。ご自分のスタイルにナップナップが合うのかをしっかりわかった上でご使用くださいね☆
ナップナップは赤ちゃんが外向きになる前向き抱っこができません。赤ちゃんが何にでも手が届いてしまう前向き抱っこは、赤ちゃんの安全面を考えるとあまりおすすめできないからです。
そして、リアル店舗での取り扱いが少ない(全国のバースデイでの取り扱いあり)ので、試着できるチャンスも少なめですが、ネットでの口コミで多く話題になっています。ママ同士のネットワークから口コミで広がるのは、商品が魅力的な証です。

■ナップナップの抱っこひものつけ方を紹介します☆

ナップナップのオフィシャルオンラインショップでは、製品の種類別に装着の仕方が簡単にわかる動画が公開されています。
目で見て理解ができるので、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

出典:@napnap_officialさん

ナップナップのつけ方は簡単!(縦抱っこ編)
1.腰ベルトを調節して、腰に装着する。
2.ベッドやソファなど、子どもの安全が確保できるところに腰かける。
3.子どもを抱き上げて、抱っこひもの手前に乗せる。
4.子どもを包み込むように抱きながら、首後ろのバックルなど調節をする。
5.子どもがしっかりと座れるように、おしりを持ち上げながら安定するように、調整する。
6.ホルダーやベルトなどを装着して、調節する。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]