Baby&Kids

子どもの能力がアップする裏技“ジャンケン禁止令”!

vol.1080【1日1成長お母さん】ジャンケン以外の方法で揉め事を解決できる子は賢くなる

イライラの原因“兄弟喧嘩”。実は子どもが能力をアップさせるチャンス

子どもを2人以上育てている家庭であれば、揉め事がよく起こるでしょう。二人兄弟の家庭で違う種類のケーキを3つもらった場合は「誰が最初に選ぶか」「残りの1つは誰が食べるか」など、次から次へと問題は起きてきます。
だんだんヒートアップしてどちらかが泣き出したら、お母さんはイライラしてしまうでしょう。でもこんな時こそ、子どもが社会を渡り歩く力を身に付ける絶好のチャンスです。

「揉め事を解決したい!」その思いが子どもの発想力を広げていく

3つのケーキで揉めていたA君とH君の兄弟。最初は「僕がこれを食べたい」「お兄ちゃんが先に選ぶのはズルい」などと揉めていました。お母さんが「ジャンケンで決めたら…」と言いかけた瞬間、想定外の一言がお兄ちゃんのA君から出てきました。
「そうだ!全部小さく切ってケーキバイキングにしようよ!」お母さんはびっくりしましたが、弟のH君も「ケーキバイキングしたい!」と大喜びです。お母さんはケーキを小さく切ってお皿に並べてあげました。

「話し合ってごらん」の一言が、子どもの問題解決能力を高めるスタート

揉め事が起きた時の解決法として、一番手っ取り早いのはジャンケンではないでしょうか。「ケンカしてないでジャンケンしなさい」とお母さんが提案することはよくあるでしょう。
でも社会に出てトラブルが起きた時には、ジャンケンでは決められないことがほとんどです。ジャンケンでしか解決をしたことのない子は、物事を先に進めることができません。
子どもに問題解決能力を高めるためには「話し合って決めてごらん」と提案すると良いのです。

兄弟喧嘩は犬も食わない?子どもが成長する絶好のチャンス到来を喜ぼう

最初の内は子どももなかなか解決法をうまく出せないかもしれません。それでも大人では考えつかないような画期的な案を思いつくこともあります。
案を思いついたら、それを相手に納得してもらえるように伝える必要があります。それが社会に出て必要な交渉力となります。
兄弟喧嘩をされるとイライラするものですが「子どもが成長するチャンス到来!」と前向きに考えてくださいね。

今日の1日1成長

兄弟喧嘩をしたら「ジャンケンしなさい」より「話し合ってごらん」と言おう
子どもの問題解決力も1成長、お母さんの提案力も1成長。
田中京子(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!