Baby&Kids

子どもの“わがまま”は一旦思いを受け入れるのが解決への早道

vol.1085【1日1成長お母さん】気持ちを受け入れて行動を正すと子どもは聞き分けられる

度重なるわがままにうんざり。なだめてもすかしてもうまくいかない

子どものわがままに困ってしまうお母さんは多いもの。一度で聞き分けられず駄々をこねて泣き出したら、お母さんもイライラするでしょう。
スーパーで「おやつ買って~!」と騒ぎ、泣いて叫んでジタバタし始めたら「ダメよ」の一言では収まりがつきません。そんな時ついつい「ダメって言ってるでしょ!」と押さえつけてしまったり、反対に「今日だけよ」と言う通りにしてしまったりという経験、お母さんなら一度はあるかもしれませんね。

子どもは体験から学ぶからこそ、親の対応が心の育ちに大きく影響する

実はこのどちらも、子どもの心の育ちに良い影響は与えません。押さえつけられると子どもは「自分が望んだことは叶わない」と学習してしまい、何でもすぐに諦める子になってしまいます。
反対に「今日だけよ」と妥協してしまうと「駄々をこねると思い通りになる」と覚えてしまい、自分の要求を通すために何度も駄々をこねるようになるのです。どちらもその場で子どもを静かにさせることはできますが、長い目で見た時に子どものためにはなりません。

しつけるのは行動の部分だけでいい。子どもの気持ちは受け入れよう

子どもが駄々をこねた時、実は一旦受け入れると効果が高いと言われています。この時大切なのが、行動を受け入れるのではなく、気持ちを受け入れること。
問題は駄々をこねるという行為であって、お菓子がほしいと感じることは否定する必要はないのです。子どもの気持ちと好ましくない行動を切り離し、気持ちは受け入れて行動を正しましょう。
気持ちを受け入れてもらえると、子どもは案外すんなりと切り替えられることも多いものです。

子どもの気持ちを代弁し、分かってもらえたと安心させたら要望を伝えよう

子どもの気持ちを受けとめるには「お菓子がほしいのね」と子どもの気持ちを言葉にしましょう。自分の気持ちがお母さんに伝わったと安心します。
その上で「お菓子はお家にあるのを食べよう」など、してほしい行動を伝えましょう。気持ちは受け入れて行動を正す。この繰り返しで子どもは気持ちの伝え方を学び、自律心を育みます。
きっとスムーズに聞き分けてくれて嬉しく感じる日がきます。少し遠回りに感じるかもしれませんが、根気良く続けましょう。

今日の1日1成長

子どものわがままにはこれでOK!感情を受け入れて行動だけ正そう
子どもの自律力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
むらたますみ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!