Lifestyle

帽子の洗い方を伝授!キャップやハットなど種類別洗い方や型崩れしないコツ

帽子はレジャーやアウトドアなど、さまざまなシーンで役立つアイテム。暑さ対策や紫外線予防、さらにコーデのアクセントに…と、大活躍です。
そんな帽子の洗濯方法、ちゃんと知っていますか?この記事では、洗いたいけど型崩れや色落ちが心配で自分で洗うことをためらっている人のために、「帽子の洗い方」に注目しました!洗えない帽子の対処法もあるので、あわせてチェックしてみてくださいね。

さっそく帽子の洗濯について見ていきますが、洗濯をする前にチェックしたいポイントが4つあります。ご自身の帽子は、どの洗い方が最適か。むしろ洗えるのか?などなど、まずは確かめることが重要です。

■帽子は手洗いorクリーニング?洗濯表示を必ず確認!

出典:@ acuc_mamaさん

帽子の洗い方を伝授する前に、最初に必ず確認したいのが「洗濯表示タグ」です。水の入った桶のマークをチェックしましょう。「×印」がついていたら、自宅洗いは不可能です。
デザイン性の高いハットやハンチング、麦わら帽子など洗濯できない帽子も多くあります。その際はクリーニング店に相談してみましょう。

■洗っても大丈夫な帽子は?

水の入った桶のマークに、「手」が入っている場合は手洗い可能です。この後、ご紹介する洗い方を参考に手洗いしましょう。
※つばのシールが特徴的な『NEW ERA(ニューエラ)』のキャップは、シールを剥がして洗い、乾かしてから再度貼る方法がよいでしょう。

■帽子の洗い方、洗濯機を使っていいの?

水の入った桶のマークのみの場合は、洗濯機洗いが可能。その際は型崩れ防止のため洗濯ネットに入れて、おうちクリーニングコースで洗いましょう。
(メーカーによってソフトコース、おしゃれ着コースなど名称は異なります)

■帽子を洗う頻度はどのくらい?

帽子はあまり何度も洗うと、型崩れや色落ちの原因となるので控えましょう。汚れや臭いニオイが気になる場合は、除菌スプレーや消臭スプレーでの対応をおすすめします。

次からは、帽子の洗濯に必要な道具や、帽子の種類ごとの洗濯手順をご紹介します。
それぞれ手順のポイントを押さえて、優しく丁寧に洗いましょう!

■帽子の手洗いに用意するものと事前準備

出典:筆者撮影

ここでは、帽子を洗うときに必要なアイテムとスムーズに洗うための事前準備をご紹介します。

・用意しておきたいアイテムは?


◎洗剤…軽く洗う場合はシャンプーやおしゃれ着用の中性洗剤がおすすめ。汚れが気になる場合は、洗濯用洗剤がよいでしょう。
◎洗面器…洗濯液を溜めて洗うときに使います。帽子のサイズに適したものが無い場合は、洗面台に水をためて洗う方法でもOK。
◎手袋…洗剤類による手荒れ防止のため。
◎大きめのタオル…帽子の水分をふき取るため、帽子が収まるサイズ感。
◎牛乳パックや新聞紙など…乾かすときに型崩れを防止するアイテム。

・事前準備をして汚れをスムーズに取ろう

出典:筆者撮影

帽子を洗う前に洗面器に30度くらいのぬるま湯を入れ、そこに洗剤をいれて洗濯液を作っておきましょう。洗剤はほんの少しでOK。
軽く泡立てて、細やかな泡の洗浄液を作っておくと汚れが落ちやすいですよ。

準備が整ったら、さっそく洗っていきましょう。
帽子の種類によってポイントが違うので、洗いたい帽子の方法を確認してくださいね。

■ハットの洗い方とポイント

出典:photoAC

ハットは頭の部分にツバがぐるっと一周ついた帽子のこと。やわらかい素材のものもあれば、フエルトやストロー素材のものもあるでしょう。
洗えるタイプだったらさっそく洗濯開始!基本の洗い方を紹介します。

1.汚れが目立つところは洗剤を直接塗布する
2.全体を洗濯液の入った洗面器へ入れて、優しく押し洗い

出典:筆者撮影

3.形が崩れないように軽く絞る
4.きれいな水またはお湯の入った洗面器にキャップ全体をつけてすすぎの押し洗いをする(1~3回程度水を替えながら洗剤が落ちるまで)
5.形が崩れないように軽く絞る
6.タオルに包んで優しく押さえて水気をできるだけ取る

出典:筆者撮影

7.型崩れしないようタオルや洗濯ネット、新聞紙など詰めものを入れて乾かしたら完了

・型崩れしないために、詰めものをいれて乾燥させよう


ポイントは、型崩れ対策をしっかりすること。先ほど紹介したタオルや新聞紙以外にも、調理用のザルなども丸みを帯びて帽子を乾燥させるときの詰めものにぴったりですよ。

・帽子を乾かすときのポイントは浮かせること

出典:筆者撮影

帽子を乾かすときは、詰め物を入れたあとペットボトルや牛乳パックなどの上に置き、帽子が直接下につかないよう浮かせて乾かす方法が、型崩れしにくくおすすめです。
洗濯ばさみで挟んで乾かす方法は跡がつくため、おすすめできません。

■キャップの洗い方とポイント

出典:@acuc_mamaさん

ファッションでトレンドになった『BALENCIAGA(バレンシアガ)』のキャップやディズニーランドにある耳つきキャップは布製のため、洗濯可能なタイプが多いです。洗濯表示を確認してOKなら、洗濯していきましょう。
キャップを洗うときのポイントは、ツバ部分を折り曲げたり強い力で洗ったりしないこと。また、干す場所は、変色しないよう陰干しがベスト。覚えておいてくださいね。

■メッシュキャップの洗い方とポイント

出典:@acuc_mamaさん

メッシュキャップとは、キャップの後ろ頭部分がメッシュ素材でできている帽子のこと。メッシュ素材が頭の熱気を逃してくれる仕組みになっているため、夏にかぶる人が多いと思います。
となると、汗での汚れや匂い、ファンデーションの色移りなどをしている可能性があります。
洗い方は、基本的に先ほど紹介した通常のキャップと同じ手順でOKですが、ファンデーション汚れが気になる箇所は、食器洗い用の中性洗剤を使うのがおすすめ!
歯ブラシなどを使ってこすり洗いすると、繊維の中に染み込んだ汚れも落ちやすくなりますよ。

■麦わら帽子の洗い方とポイント

出典:photoAC

麦わら帽子とは、名前の通り麦わらで作られているものから、紙やストロー素材でできているものなどさまざまです。こちらも洗濯表示を確認して、洗えるもののみ洗いましょう。
しかし、どの素材であっても麦わら帽子は型崩れしやすいため、全体を水につけるような洗い方はあまりおすすめできません。汚れが気になる場合は、帽子の内側部分のスベリと言われる汗止めのテープ部分のみ、歯ブラシなどでこすり洗いしましょう。
その他部分は、洗剤液をつけて固く絞ったタオルなどで拭くのがおすすめです。

■皮脂や汗染みなど、ひどい汚れがある帽子の洗い方は?

出典:筆者撮影

スポーツやアウトドアに使用したキャップなどは、おでこがふれている部分に汚れや汗染みができやすいですよね。また、使用頻度が高いと皮脂や汗が付着し、臭いと感じることも…。仕事で作業をしているときに帽子をかぶる人は、特に気になるかもしれませんね。

染み込んだ汚れやすき間についてしまった汚れ、時間が経ってなかなか落ちない汚れには、歯ブラシを使用すると良いでしょう。他にも汚れ別のおすすめの洗い方があります。
白い帽子の黄ばみが気になるときは、重曹やオキシクリーンを使うのがおすすめ。ファンデーション汚れには、食器用の中性洗剤の使用をおすすめします。

■日頃のお手入れと正しい保管方法

帽子は日頃から、風通しのよい日陰での保管をおすすめします。湿気はカビや型崩れの原因に、紫外線や蛍光灯が長時間あたる場所は色落ちの原因となるので、保管に適した場所を確保しましょう。
帽子の水洗いの頻度が多いと、帽子が型崩れしたり傷ついたりすることも。日頃から使用後に表面の汚れをガムテープで取り除いたり、すき間のホコリをブラシで掻き出したり、毛並みをブラシで整えたりなどの細やかなケアが、帽子を長持ちさせるポイントです。

■洗えない帽子のお手入れ方法は?

洗濯表示で×がついている洗えない帽子。これらの帽子は、まず汚れないように日頃のお手入れを徹底することが大事です。洋服用のブラシで毎回ホコリなどの汚れを取り、何か汚れがついてしまった場合は、固く絞った濡れタオルなどですぐに拭きとるなどしましょう。
他にも、おでこ部分の汗やファンデーション汚れの対策として、スベリ部分に汚れ帽子のテープを貼ることも有効です。使い捨てのものから、洗って何度も使えるものまでたくさんあるので、「帽子・ライナーテープ」などのキーワードで検索してみてくださいね。

■帽子を正しくケアして長く愛用しよう

お気に入りの帽子を清潔に、長く愛用するためには、正しいケアと洗い方を知ることが大事です。今回ご紹介した方法で、日頃から汚れをためないようにし、汚れたときも早めに対処しましょう。いつも清潔に保ち気持ち良く帽子をかぶって、楽しくお出かけしてくださいね。

たってん

元気でやんちゃな男の子2児の母。プチプラコスメやファッション、グルメ情報を集めるのが大好き。最近はアンチエイジングコスメにも興味深々!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]