出典:@ kaito_azさん

Lifestyle

キャンプの定番カレーをもっとおいしく!夏にぴったりなレシピもご紹介

夏休みなど長期休暇を使ってキャンプなどアウトドアを楽しむ人も多いのではないでしょうか。キャンプはテントを張ったり、家族や友だちと料理したりと楽しいことがたくさん。キャンプで作る料理といえばカレーを思い浮かべる人も多いでしょう。
外で作って食べるといつもと違うカレーが楽しめ、具材やトッピングを工夫すればアウトドア感も出ます。今回はキャンプで作りたいおすすめカレーについてご紹介します。

キャンプの定番料理カレーライス。ここではキャンプならではのカレーの作り方をご紹介します。

■キャンプ飯の代表選手!カレーライス

出典:photoAC

「キャンプと言えばカレー!」と思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ここではキャンプならではのカレーの作り方をご紹介します。

・お鍋ひとつで作れるから簡単楽ちん

出典:photoAC

カレーの良さはなんといっても鍋ひとつで作れる手軽さです。野菜を切って鍋に入れて煮込み、ルゥを入れれば完成なので普段料理をしない人でも簡単にできます。また鍋ひとつでいいので調理器具が少なく洗い物や持ち運びも少なく楽です。

・カレーは子どもから大人までみんな大好き

出典:@ bminb26さん

カレーは子どもから大人まで大好きな料理のひとつです。家族でキャンプに行くときはみんなが食べられるカレーにすれば子どももきっと喜ぶでしょう。家で食べるのとは違い、外で食べるといつもと雰囲気が変わり新鮮です。

・みんなで作ってみんなで食べられるのがキャンプの良さ

出典:@ kaito_azさん

普段料理しない人でもキャンプのときはチャレンジしやすくなります。みんなで役割分担をして野菜を切ったり、ご飯を炊いたり。子どもといっしょに作ればきっといい思い出になりますね。自分たちで作ったカレーはきっといつもよりおいしいはずです!

■キャンプカレーをさらにおいしくするポイント

定番のカレーですが、キャンプならではの方法で作るとより一層おいしくなります。ここではキャンプで作るカレーをおいしくするポイントをご紹介します。

・お肉はグリルであぶると風味が残ってGood!


BBQで使うグリルでお肉をあぶればアウトドア感が出ます。香ばしいお肉をカレーの中に入れてもいいですし、カレーのトッピングとしてのせることもできます。骨つき肉などを入れるといつもと見映えも変わって新鮮ですよ。

・キャンプにぴったり!ダッチオーブンで作ってみよう

出典:@ kaito_azさん

焼く、煮る、蒸すなどさまざまな使い方ができ、キャンプ料理にぴったりなダッチオーブン。切った具材をダッチオーブンに入れて豪快に作れば見た目も良く、みんなで楽しむことができます。
またダッチオーブンは素材の油や水分だけで調理ができるので、食材の旨味のつまった料理が作れます。初心者でも簡単に作れるのでキャンプにおすすめです。

・BBQの残り物を使ってキャンプならではのカレー

出典:photoAC

キャンプでBBQもいっしょに楽しむ人も多いでしょう。せっかくのキャンプカレーならグリルで焼いた野菜やお肉をカレーに入れてみましょう。
野菜をトッピングすれば彩りもきれいになりますし、お肉をトッピングすれば豪快さもでていつもとカレーと違う感じになります。

・ごはんは飯盒(はんごう)で炊いてアウトドア感を

出典:photoAC

カレーに欠かせないのがごはん。キャンプといえば飯盒でごはんを炊くイメージがありますよね。火加減など難しいイメージがありますが、コツさえ掴めば初心者でも失敗せずに作れます。
特に火加減の調節が難しいですが、焚火ではなくアウトドア用のガスバーナーなどを使えば初心者でも安心です。飯盒でごはんを炊く機会は少ないのでぜひキャンプのときは試してみてください。

・みんなで仲良く手分けして作るとより一層おいしくなる


普段ひとりで料理をするという人も多いでしょう。せっかくのキャンプなのでみんなで役割分担をして作るのも楽しいですよ。
野菜を切ったり、具材を焼いたり、ご飯を炊いたり。子どもにもいろいろ手伝ってもらえば、普段体験できない経験もできおすすめです。みんなで作ったカレーを食べるといつもより一層おいしく感じるでしょう。

■キャンプにぴったりなおすすめカレーをピックアップ

出典:photoAC

キャンプでカレーを作るなら家で作るのと違うものに挑戦したいですよね。ここではおすすめのキャンプカレーをご紹介します。また忙しくてキャンプに行けない人におすすめのキャンプカレーが味わえるお店もご紹介します。

・夏にぴったり!水なしで作るトマトカレーレシピ

出典:photoAC ※画像はイメージです

水を加えず野菜などの水分だけで作るカレーは素材の旨味がギュッと詰まっていつもと違う味が楽しめます。特にトマトは水分が多く、甘くて栄養価も高いのでおすすめです。

【材料】
◆トマト(トマト缶でもOK)
◆玉ねぎ
◆なす、パプリカなど夏野菜
◆鶏もも肉
◆市販のカレールゥ
◆塩コショウ
◆オリーブオイル(またはサラダ油)

【作り方】
1.トマト、玉ねぎ、夏野菜、鶏もも肉を食べやすい大きさにカットします。
2.鍋にオリーブオイルをひき、鶏もも肉を焼きます。
3.鶏もも肉に焼き目がついたら玉ねぎ、夏野菜を加えて炒めます。
4.トマトを鍋に入れてひと煮立ちさせます。
5.鍋に蓋をして弱火から中火で20分ほど煮込みます。
6.野菜と肉が柔らかくなったらカレールゥを加えて、塩コショウで味を調えて完成です。

・BBQの残りを使ったシーフードカレー

出典:photoAC 

BBQに欠かせない食材のひとつが海鮮。エビやホタテ、イカなどを焼いて食べる人も多いでしょう。
グリルで焼いた海鮮をカレーにトッピングすればあっさりしたシーフードカレーになります。手軽にシーフードミックスを使えば切る手間も無くカレーに加えるだけでいいのでこちらもおすすめです。

・リーズナブルだけど豪華に見える骨つきチキンカレー

出典:photoAC 

大きな骨つき肉が入ったカレーはなんといっても見た目のインパクトがあります。
グリルで焼き色がつくまでこんがり焼いたり、カレーといっしょに煮込み柔らかくして食べたりと食べ方もいろいろあります。いつもと違ったカレーを楽しみたいかたにおすすめです。

・キャンプ気分が味わえる都内のおすすめキャンプカレー店


なかなかキャンプに行けないという人も多いのではないでしょうか。都内にはお店でアウトドア感のあるカレーが食べられるお店があります。

【野菜を食べるカレーcamp】
「野菜を食べるカレーcamp(キャンプ)」は新宿店は残念ながら閉店していますが、現在都内に品川、池袋、新橋など5店舗あります。
色鮮やかな新鮮野菜を使ったカレーが人気のお店です。野菜がたっぷり入っているのでカロリーや栄養を気にしている人にぴったりです。スキレットに入れて出てくるカレーや飯盒を使ったおしぼり入れなどアウトドア感が漂う雰囲気でキャンプ気分が味わえます。

■キャンプカレーで楽しい夏の思い出を作ろう!

出典:photoAC 

キャンプにおすすめのカレーについてご紹介しました。定番のカレーですがみんなと作ったり外で食べたりするだけでいつもと違う感じになりますね。
またBBQで使った食材やダッチオーブンなど家では使わないものを使うとまた新鮮です。子どもから大人まで大好きなカレーライスをぜひキャンプで作ってみましょう。

astom

元気いっぱい食いしん坊な一人娘を育てる新米ママです。子育て情報やプチプラアイテムを探すのが好き♪毎日楽しく過ごせる生活を目指してます!
【Instagram】astom125
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]