出典:フタつき収納ボックスで叶えるおしゃれ&スマートな収納!  @ sh.atyou さん

Lifestyle

衣替えの時期は何が目安?月と判断基準を紹介 衣替えと収納のコツも

見極め方が難しい衣替えの時期。早い時期から真夏日が続いたり、夏が終わったと思ったら突然冬のように寒い日があったりと、毎年季節の変わり目は予測できないことばかり。目安となる月はありますが、結局のところ衣替えのタイミングとしていちばんの判断材料になるのは、気温です。「ちょっと衣替えするの早かったかも…。」とならないように、衣替えタイミングの見極め方を紹介します。

この記事を読めば、衣替えでポイントとなる「気温」「避けるべき時期」「衣替えのコツ」など、衣替えに対する疑問を解決できます!早速チェックしていきましょう。

■【衣替えの時期】地域別の目安を表でチェック

出典:@ haduki_maidoariさん

季節に応じて衣服を入れ替えることを「衣替え」と言います。日本には四季があるので、それに合わせて4回衣替えするという人も。

<四季に合わせて衣替えする目安>
○春:4月
○夏:6月
○秋:9月
○冬:10月

春夏秋冬4回に分けて衣替えをする場合の一般的な時期は上記の通り。これを見てみると、春から夏の間は2カ月、秋から冬の間はたったの1ヵ月しかありません。確かに10月になると、朝や夜は寒くてコートを羽織ることもありますもんね。
短い期間のために衣替えの回数を増やすのは面倒くさい、という人も多いでしょう。そのため、多くの人は「春夏」と「秋冬」の2シーズンに分けて衣替えの時期を設定しているのではないでしょうか?

では2シーズンに分けての衣替えの時期の目安はいつごろなのか、地域ごとに異なる目安時期を紹介します。
 

本州 6月1日 10月1日
北海道 6月中旬 9月中旬
沖縄 5月1日 11月1日

大体の目安時期は上記の表の通り。これは学校や企業で夏服から冬服、冬服から夏服に移行する時期の目安です。とは言え、学校や企業での制服やスーツの衣替えには2週間程度の移行期間を設けられる場合が多いです。
家庭でもおよその目安として、上記の時期を頭に入れておくと良いでしょう。

■【季節別、気温別の衣替え時期】判断の要は気温にあり!

目安の時期がわかっても、結局のところは異常気象の影響で例年より暑かったり寒かったりと、予想通りにいかないことも。衣替えをする判断としていちばん正確なのは、やはり気温をチェックすることです。
そこで、季節別に衣替えに適した気温の目安を確認してみましょう。ここでは北海道エリア、関東エリア(本州)、沖縄エリアそれぞれの目安を紹介します。また、避けるべきタイミングも確認しておきましょう。

・【春】15度~20度が目安

出典:@ uniqlo_ginzaさん

冬と夏の間の季節、春物にシフトするタイミングは最高気温が15度を超えるようになったころ。最高気温が15度~20度くらいを目安に春服にチェンジしましょう。

<地域別の15度~20度になる時期の目安>
○北海道エリア:4月下旬
○関東エリア:3月中旬
○沖縄エリア:1月下旬

・【夏】22度以上が目安

出典:@ uniqlo_ginzaさん

20度を超える日が続くと、長袖1枚だけでも汗ばむことが多くなってくるでしょう。最高気温が22度を超え始めたら、本格的に夏服へチェンジする準備を始めるタイミングです。25度の日が続くようになる前には、半袖のトップスに移行できるようにするのがおすすめ。

<地域別の22度以上になる時期の目安>
○北海道エリア:6月下旬
○関東エリア:4月下旬
○沖縄エリア:3月下旬

・【秋】15度~20度が目安

出典:mamagirlLABO@ natsumiwearさん

秋は春の反対で、最高気温が20度を下回るようになったころが衣替えの時期。昼間は暖かいけど夕方になると冷えてくる、と感じることが増えてきます。最高気温が15度~20度くらいになったら秋服にチェンジしましょう。

<地域別の15度~20度になる時期の目安>
○北海道エリア:9月下旬
○関東エリア:11月上旬
○沖縄エリア:12月下旬

・【冬】15度以下が目安

出典:@ uniqlo_ginzaさん

冬は最高気温が15度を下回るようになったら、秋のようにカーディガンや薄手の羽織では厳しくなってきます。15度を下回るようになったころには、厚手のアウターを準備しておくと良いでしょう。また10度を下回るころには、昼間でも寒さを感じるように。防寒対策をしっかりできるように、冬服はもちろんマフラーや手袋なども出しておきましょう。

<地域別の15度以下になる時期の目安>
○北海道エリア:10月下旬
○関東エリア:11月下旬
○沖縄エリア:最高気温が15度を下回ることはほとんどないので、厚手のコートは不要

・衣替えを避けるべきタイミングはいつ?

出典:photoAC

衣替えでは、クローゼットやタンスの引き出しの中をそっくり入れ替えることが多いものです。入れ替えた衣類は次のシーズンまでそのままになるので、衣替えを行うならよく晴れた湿度の低い日を選ぶのがおすすめ。
雨の日のように湿気が多い日に衣替えをすると、収納した衣類にカビやシミが発生してしまう恐れがあります。夏の衣替えを行うなら梅雨入り前の湿度が低い時期か、梅雨の合間の晴れた日を選んでください。冬の衣替えも秋雨の時期を避けて、晴れた日に行うようにするのがベストです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE