Baby&Kids

まねっこ大好き!「お手伝いをしたい」は自立への第一歩

vol.1103【1日1成長お母さん】「やらないで」をこらえて「ありがとう」と伝えると貢献心が育つ

正直言うと鬱陶しい?「お手伝いしたい」と言ったら自立への第一歩

子どもは3歳前後になると自分でできることが増え、何でも「やりたい」と思うようになります。
お洗濯や食器洗いにお料理や掃除機など、毎日一緒にいるお母さんの行動はすべてが魅力的。お母さんがしていることを「私がやる!」と主張してきます。
「忙しいからまた今度ね」と言って、お母さんが早く終わらせたい時もあるでしょう。でもこの「やりたい」と言い出す時期は子どもが自立して社会へ出るための大切な第一歩です。

やることに意義がある!完璧を求めずやってくれたことに感謝しよう

3歳になったばかりのNちゃんは近頃お手伝いに目覚めたそう。お母さんのすることを何でもやりたがり、家事が進まず困っていると相談を受けました。洗い物をすれば勝手に洗剤を足して泡だらけにし、いつになっても止めないのに仕上がりは今一つ。お母さんもついため息をついてしまうそうです。
しかしNちゃんはお母さんを困らせたいのではなくお母さんのようにお仕事をしたいだけ。お母さんの役に立ちたいだけなのです。こんな場合は気持ちを尊重し「ありがとう」と伝えましょう。

子どもが「やりたい」と言ったらできることが増えるチャンスと捉えよう

“お手伝い”といっても3歳の子どもの出来栄えに期待するのはやめましょう。子どものお手伝いなんて最初からうまくできるはずはありません。だからといってやらせずにいるとできないままになってしまいます。
子どもは何度も繰り返すことで上達します。「やりたい」と言い出したらできることが増えるチャンスです。とことんやらせてあげると、やる気満々な子に育ちます。

子どもがお手伝いをしたら「ありがとう」と言おう。貢献心が育つ

人は誰でも「誰かの役に立ちたい」という本能的な欲求を持っています。「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることでますます貢献心が育まれるのです。
しかしお母さんはいつも時間との勝負です。そんなときは「自分の使った食器を洗ってね」とやらせることを限定するとスムーズにお手伝いが完了します。
親子で協力しあいながら家事をこなすと、更に親子の絆が深まるでしょう。

今日の1日1成長

貢献心を育てる方法。お手伝いをしてくれたら「ありがとう」と伝えよう
子どもの貢献力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
杉岡由香(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp