Baby&Kids

効果抜群の叱り方!「走っちゃダメ」を「歩いて」に変えよう

vol.1122【1日1成長お母さん】叱るときは禁止事項を伝えるよりも、取るべき行動を伝えよう

vol.1120【1日1成長お母さん】叱るときは禁止事項を伝えるよりも

お母さんの多くが「子どもを叱っても言うことを聞かない」という悩みを持っているでしょう。そんなお母さんに共通していることがあります。それは真摯に子育てに向き合っていること。
「人に迷惑を掛けない子に育てなきゃ」「優しい子になってほしい」という強い想いから、言うことを聞かない子に対して何回も強く叱ってしまいます。でもこんな毎日だと子どもは辛いしお母さんのストレスも溜まる一方。
そんなお母さんが叱る回数を減らすためのいい方法があります。

効き目の高い叱り方のコツ!子どもに取ってもらいたい行動を伝えよう

お母さんが子どもを叱るときによく使われる言葉があります。それは「ダメ」や「やめなさい」。「そんなの毎日何回も言っているわ」と思った方もいるでしょう。これらの言葉は“禁止”を伝えています。禁止を伝えるのはしつけにおいてあまり効果がない場合があります。
子どもを叱る目的は行動を改善させることです。禁止より効果が期待できるのは、取るべき望ましい行動を具体的に子どもに伝えることです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE