出典:photoAC

Baby&Kids

三輪車っていつから乗れる?こげる?三輪車デビューを目指せ!

3つの車輪が安定感とかわいさをかもし出す三輪車。そろそろ三輪車デビューかな?というとき、いつから乗れるものなのか、自分でこげるようになるのはいつ頃からか、また選び方も知りたいですよね。今や三輪車も進化をとげ、安全機能が付加されたものやおしゃれなもの、海外ブランドまでさまざまな種類がそろい、選ぶのもたいへんです。

そこで今回は、三輪車に乗るのはいつからいつまでという疑問について解説します。また、三輪車を選ぶときの注目すべき6つのポイントと人気の三輪車3選をご紹介します。

■三輪車はいつ頃から乗れる?いつまで使うもの?

出典:無印良品の子ども服が使える!男女別コーディネート集も要チェック☆ @ tomogaki_520さん

赤ちゃんが、たっち・あんよができるようになり、お部屋で乗用型玩具に乗り始める1歳頃から、三輪車にも乗れるようになります。しかし、まだペダルに足を置いて”こげる”わけではなく、”またがった状態”で、足で床や地面を押して進む形です。

その状態でも、大人が押してあげることで、お外の三輪車デビューもできます。三輪車の後ろ側に、長くて大人が立って楽に持てるようになったコントロールバーがついているタイプもあるので、ベビーカー代わりにして散歩もできますよ。

三輪車に慣れてもらい、徐々に自分でこげるようになることが次のステップには重要です。一般的に三輪車は、幼児用コマつき自転車に切り替えるまで使います。三輪車の対象年齢は、1歳または1歳半から4、5歳までとされているものがほとんどですが、子どもの体格や運動機能も見極めて、いつまで三輪車を使うのかを判断しましょう。

■三輪車をこげるようになるのはどのくらいから?

出典:photoAC

”自転車をこぐ”ことは、体幹を軸にしてバランスを取りながら、頭(脳)で考えた動きを手足にさせるという、体の三位一体の運動です。簡単そうに見えても、実は体が発達しなければできないこと。体の発育からみて、自分で「こぐ」という動きができるようになるのは、2歳後半から3歳頃からです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE