出典:photoAC

Lifestyle

電気ケトルでゆで卵作り!放置するだけで完成♡置き時間と衛生面もチェック

■電気ケトルを使った基本のゆで卵の作り方

出典;筆者撮影

電気ケトルを使ったゆで卵の作り方をご説明します。電気ケトルとキッチンタイマー、おたまを準備してくださいね。

・基本のゆで卵の作り方

【材料と作り方】
卵:1~4個
水:適量
ジップロック、またはビニール袋

1.殻むきをしやすいよう、卵のおしりの部分(卵の表面がゆるやかにカーブしている方)に軽くひびを入れる。
2.ビニール袋またはジップロックにいれた卵を電気ケトルの底に静かに置き、かぶるくらいの水を入れる。
3.スイッチを入れて、沸騰したらそのまま10~15分程度好みの固さになるまで放置する。
4.袋ごとゆで卵を取り出す。

電気ケトルの構造により、放置時間が多少異なる場合があります。何度か作ってみて、お手持ちの電気ケトルの性質に合わせて加減してくださいね。

■半熟卵や温泉卵も電気ケトルで作れる?作り方は?

電気ケトルを使って茹で卵を作る場合、放置時間を調節することでいろいろな固さの卵を作ることができます。そのため、もちろん半熟卵や温泉卵を作ることも可能!ここでは、半熟卵と温泉卵の放置時間の目安と、具体的な作り方をご紹介します。

・電気ケトルならいろんな固さのゆで卵が作れる!放置時間の目安は?

【放置時間の目安】
・ゆるめの半熟卵…約5分
・半熟卵…7分~8分
・黄身がやわらかめの固ゆで卵…10分~11分
・固ゆで卵…15分

上記のように、放置する時間を調整することで、いろいろな固さのゆで卵を作ることができます。基本の茹で卵を作るとき同様に、電気ケトルによって放置時間が異なるため、お手持ちの電気ケトルにあった放置時間を探ってみてください。

・電気ケトルなら簡単に半熟卵も作れちゃう

出典:pixabay

【材料と作り方】
卵:2個
水:適量

1.電気ケトルに卵が2個つかるくらいの水を入れる。
2.スイッチを入れて沸騰したら、7分ほど放置する。
3.冷水で冷やして粗熱を取り、皮をむいたら完成。

卵3つで作る際には水の量を増やし、放置時間も10分前後にしてトライしてみてください。やわらかめがお好みのかたは、放置時間を1分程度少なくしてみるといいでしょう。

・半熟卵よりももっとトロトロな温泉卵も簡単

出典;photoAC

【材料と作り方】
卵:2個
水:150ml

1.電気ケトルに卵が2個つかるくらいの水を入れる。
2.スイッチを入れて沸騰したら、150mlの水を加え、割れないよう静かに卵を入れる。
3.そのまま11分放置して卵を取り出し、冷水で冷やして粗熱が取れたら完成。

卵3個で作る場合には、放置時間を13分にして同様に作ってみてください。

■電気ケトルでゆで卵を作るときに卵が割れないためのポイントは?

出典:photoAC

卵に穴やひびを入れる際、強く入れてしまうと殻が割れることや中身が出てしまう恐れがあります。ひびの入れすぎには注意してくださいね。心配な場合は、卵専用の穴あき器を使用するのもおすすめです。

また、電気ケトルに卵を入れる前には、卵に大きなひびが入っていないかどうか確認しておきましょう。もしも卵にひびが入っており、なおかつビニール袋に入れずに電気ケトルにいれた場合、調理途中に卵白などが流れ出て内側が汚れてしまう可能性があります。
電気ケトルは、鍋のように簡単に洗うことができないため、注意してくださいね。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]