出典:mamagirlLABO @cocotom24さん

Lifestyle

クリスマスっていつ祝うもの?プレゼントを渡す日や飾りつけのタイミングは

クリスマスといえば、家族やパートナー、友人などとパーティーをしたり、プレゼント交換をしたりとイベント盛りだくさん!今から楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。しかし2018年、2019年に引き続き、2020年の12月25日(金)も平日なんです。「平日だと友人と会うのは難しい…みんなはいつクリスマスを祝っているの?」「クリスマスの飾りつけは、いつはじめるものなの?」などの疑問の声も…。

そこで今回は、クリスマスをいつ祝う?プレゼントはいつ渡す?飾りつけはいつからいつまで?など、クリスマスに関する疑問にお答えします。

■正式なクリスマスはいつ?日本と欧米で違うの?

出典:photoAC

そもそもクリスマスとは、イエス・キリストが誕生した日とされ、欧米では毎年12月25日にキリストの誕生を祝う降誕祭(こうたんさい)が行われています。その前夜に当たる12月24日は、ご存じのとおりクリスマス・イブ。イブには、盛大な前夜祭が行われるそうです。ちなみに、正式なクリスマスは"12月24日の日没から翌日25日の日没まで"とされています。

出典:@ yuko_chiba1018さん

クリスマスはキリスト教が普及している欧米を中心とした世界共通のイベント。イブには多くの人がお祝いをしながら聖なる夜を過ごしています。クリスマス当日の25日には、教会のミサに参加するなど静かな時間を過ごす家庭が多数なんだとか。しかし、クリスマスの日にちに関しては宗教の決まりや諸説もあり、違う日に行う慣習もあるそうです。

対して、日本のクリスマスは欧米で行われているプレゼントやご馳走、パーティーなどの楽しい慣習のみを取り入れているのが特徴。宗教的な意味合いはほとんどなく、大切な人と過ごす冬のイベントとして浸透しています。
 

■【実際の意見は?】家族でのお祝いはいつする?ケーキはいつ食べる?

出典:mamagirlLABO @cocotom24さん

12月25日がクリスマスだから、その日に家族でパーティーをやるぞ!と考える人も多いかもしれませんね。しかし前述したように、本来のクリスマスは12月24日の日没から25日の日没まで。
ということで、正しい日取りでクリスマスを祝う家庭は12月24日の夜にご馳走を用意してパーティーをします。子どもたちの大好きなクリスマスケーキもこのときに出してあげるようです。
 

出典:photoAC

日本では恋人と聖なる夜を過ごす日というイメージも強いクリスマスですが、本場の国では家族や親戚と静かに過ごすのがスタンダート。お店も休みになっていることが多く、街はひっそりとして落ち着いた夜となるそうですよ。
宗教観の薄い日本では、クリスマスを厳粛に捉えていない家庭も多くあります。あまり深く考えすぎず、ひとつのイベントとして楽しむなら12月20日から25日くらいの間で行っても問題はないでしょう。
何を優先するかは家庭それぞれですが、2019年のクリスマスについて話を聞くと、パパやママの仕事の都合に合わせて家族全員がそろう日にパーティーをした家庭も多いようです。
 

■【実際の意見は?】子どもにプレゼントをあげるタイミングはいつ?

出典:mamagirlLABO @cocotom24さん

クリスマスのお楽しみといえば、やっぱりプレゼント!サンタクロースが子どもたちにプレゼントを配って回るのは、24日の夜中から25日の朝にかけてといわれています。クリスマス当日の朝、子どもたちが枕元やクリスマス飾りの靴下の中、ツリーの下などに置かれたプレゼントを見つけて大喜び!というのが定番ですよね。

出典:mamagirlLABO @cocotom24さん

では、パパやママがこっそりサンタさんの代わりにプレゼントを置くのはどのタイミングがよいのでしょうか?
子どもたちが寝てすぐに置くと、トイレなどに起きて発見してしまう可能性があるので注意が必要!そのため多くの家庭では、子どもたちが深く寝入った夜中0時から朝方5時くらいの間にセッティングしておく家庭が多いようですよ。
 

■【実際の意見は?】クリスマスの飾りつけはいつからいつまで?

出典:@ himecyanさん

教派によって呼び名に違いはありますが、クリスマスには"アドベント"と呼ばれる期間があります。アドベントとは、イエス・キリストの降誕に備えて準備をする期間のこと。具体的には12月24日までの4週間、つまり11月30日に最も近い日曜日からクリスマス・イブまでの期間を指します。欧米では、このアドベントと呼ばれる期間にクリスマスの飾りつけを進めていくそうです。

そのため日本でも、12月1日からクリスマスの飾りつけをはじめるのがよいでしょう。しかし、12月に入ってすぐに準備をはじめる家庭は意外と少ないのだそう。「クリスマスの飾りつけは、12月の2週目・3週目ごろまでに完成させる」という声が多いようです。クリスチャンではない家庭では、あまり日取りは気にせず、マイペースに準備を進めているようです。
 

■【番外編】パートナーとのお祝いはいつする?デートに誘うタイミングは?

出典:photoAC

日本では"恋人やパートナーと過ごす日"というイメージも強いクリスマス。イブの夜はパートナーとデート、クリスマス当日は家族でゆったり過ごす、という人も多いようです。イブの夜はちょっとおしゃれなレストランで食事したり、夜景を見たり…なんてロマンチックなデートを希望しているカップルも少なくないですよね。

出典:photoAC

もしパートナーを特別なデートに誘うなら、クリスマスの1カ月以上前から予定を立てておく方が無難です。日取りが近くなってからデート場所を押さえようとしても、日本中のカップルがデートの計画をしているため、予約できない場合もあるので要注意です!

■冬のイベントとして楽しむのが日本のクリスマス♡

出典:mamagirlLABO @cocotom24さん

クリスマスの基本情報や、日本と欧米とではクリスマスに対する捉え方が違うことなどをご紹介しました。
日本では宗教色の強い神聖なイベントというよりは、冬の楽しいイベントとして世間に広まったクリスマス。クリスマスをお祝いする日取りはあまり堅苦しく考えすぎず、それぞれの家族に合ったスタイルで楽しむのが日本的なのかもしれませんね。
また子どもやパートナーといっしょに楽しく準備を進めるのも、クリスマスの楽しみ方ひとつです。クリスマス当日は、日常の平和に感謝する日として穏やかに過ごしてみるのはいかがでしょうか。

SUMINO

愛する家族や仲間とのおしゃべりが大好きな2男のママです。トレンドやプチプラ、時短テクなどの情報収集が趣味です。良いと思ったら何でもすぐに試してみたくなっちゃうタイプ。まだまだやりたいことが山ほど…あぁ、無限の体力が欲しい!
【Instagram】sumino.6011
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!