出典:@ ayamama___さん

Baby&Kids

赤ちゃんのつかまり立ちはいつから?ハイハイからの進み方や気をつけること

赤ちゃんが成長する中で、目が離せなくなる“ハイハイ”の次に始まるのが“つかまり立ち”。足の筋肉が発達途中であるこの頃の赤ちゃんは、つかまり立ちしようとして転んでしまうことがよくあるため、ママとパパはますます子供から目が離せない時期でしょう。この記事では、つかまり立ちはいつから始まるのかについてから、つかまり立ちをし始めた頃に注意&準備しておきたいことを紹介します。

赤ちゃんがどこかにつかまり、不安定ながらも頑張って立っている姿はとても愛しい姿ですよね♡しかし、ただのんびり見ているわけにはいかない時期でもあるんです。
実は、この頃の赤ちゃんには危険がいっぱい!ねんね~ハイハイ期から進化したつかまり立ちをしだした時期に気をつけたいことを知って、未然に事故を防ぎ、赤ちゃんの成長をしっかりサポートしてあげましょう!

■つかまり立ちはいつから?焦らなくて大丈夫?

出典:@ acuc_mamaさん

つかまり立ちをする時期は、だいたい平均で10~12カ月の間と言われています。しかし成長のスピードは赤ちゃん一人ひとりさまざまで、個人差は必ずあります。
寝返りするのに早い遅いがあるように、つかまり立ちの時期も個人差があるので、焦らず赤ちゃんの成長を見守ってあげましょう。

■つかまらずに立てるようになるのはいつ頃?

出典:筆者撮影

「つかまり立ちをしたら次はすぐに歩き出す」と思っている人もいるかもしれませんが、つかまり立ちの次は、ほとんどの赤ちゃんがものをつたって歩く“つたい歩き”を始めます。
そして、このつたい歩きでしっかり足に筋肉がつき出した頃に、手を離して歩くようになると言われています。

平均的な時期は1歳~1歳2カ月頃と言われていますが、個人差があり、早い子は乳児である9~10カ月、遅い子は2歳近くになってからという子もいるようです。周りの子供と比べて遅いと焦ることもあるかもしれませんが、赤ちゃんの成長に合わせたペースで見守ってあげてください。自力で一人たっちしたときの満足そうな顔はとってもかわいいですよ♡

■つかまり立ちが遅い場合は練習させたほうがいいの?

出典:@ aiko1_6さん

先ほどもお伝えしたように赤ちゃんの成長には個人差があるので、つかまり立ちをするのが遅いからといって、必ず練習しなければならないということはありません。しかし、気になるのであれば、歩行器やジャンパルーなど、足の筋肉を使う遊びを取り入れてみるのも良いかもしれません。
しかし、どれも無理にやらせるのではなく、赤ちゃんが楽しみながらできるものにしてあげてくださいね。

■つかまり立ちが始まる頃に注意&準備したいこと

出典:筆者撮影

つかまり立ちをし始めた頃の赤ちゃんは、足腰のふらつきがあるため転びやすいです。そのため、つかまりそうな場所やその周辺を整えて、ケガをしないように気をつけてあげる必要があります。
ここでは、具体的にどのように注意&準備したらいいのか、ひとつずつ対策を紹介してしいきましょう。

・赤ちゃんの手が届く場所を片づけ&整理する

出典:@ acuc_mamaさん

赤ちゃんがつかまり立ちしだすと、今までは届かなかった高さに手が届くようになります。テーブルの上、棚の上などに置いてあった危険なものを赤ちゃんがいつの間にか手にしていてヒヤッとしたママもたくさん!
そのため、つかまり立ちしそうだな~と思ったら、赤ちゃんが新たに手が届くようになる場所を整理整頓しましょう。特に、立つことによりテーブルの上の物に手が届くようになってしまいます。たばこ・電池・袋や紙・ペンなどが置きっぱなしにならないよう、常に気をつけておきましょう。写真のように、今まで床に置いてあったゴミ箱を浮かせてしまうというアイデアも有効です。

・床にプレイマットなどを敷く&角やとがったところには安全対策を

出典:筆者撮影

つかまり立ちする頃の子供は、とにかくよく転びます。前にも後ろにも転ぶので、本当に目が離せません。また、つかまろうとした手が空振りになってそのまま前に転ぶ…!なんてことも。
近くで見ていても転ぶので、転んでもケガが最小限に済むように、とがった場所や角は保護カバーなどをつけるのがおすすめ。また、硬い床に転んでたんこぶができないよう、やわらかい素材でできたフロアマットやプレイマットを敷くのもよくされる対策です。
安全対策グッズは100均やホームセンターなどによくあるので、ぜひチェックしてみましょう!もちろん、ネット通販にもありますよ☆

・引き出しなどはストッパーをつけて開けられないように!

出典:@ acuc_mamaさん

つかまり立ちをし始めると、今まで手が届かなかった戸棚を開けたり、上のほうにある引き出しを開けられるようになることも。危ないものが入っている引き出しや戸棚は、開けられないようにストッパーをつけるなどの対策をとりましょう。
そもそも、開けられたくない戸棚がある場所に入れないよう、ベビーガードをつけるというのもひとつの方法です。

・外出時は長ズボンでひざをガード!

出典:@ aiko1_6さん

つかまり立ち期の赤ちゃんはよく転ぶため、外出する際は必ず長ズボンを履かせてあげてください。春夏は半ズボンやかわいいかぼちゃパンツを履かせたくなりますが、転ぶとすぐにひざが傷だらけになってしまうので、避けたほうが良いでしょう。
また、外は危険物がいっぱい!たっちさせるときは、必ずママやパパなど大人がサポートしてあげてくださいね。

■つかまり立ち期にできるサポート方法は?

つかまり立ちの練習をしている赤ちゃんにサポートできることはあるのでしょうか?
ここでは、ケガをせずつかまり立ち練習ができるサポート方法について紹介します。

・大人が誘導したりサポートしたりしてあげる

出典:@ ayamama___さん

つかまり立ちする赤ちゃんにできる一番手軽なサポートは、やっぱりパパやママが手伝ってあげることではないでしょうか。写真のように後ろから少し支えてあげたり、何かにつかまろうとしているときに、ちょうど良い高さのものを置いてあげるなどが主な例です。
コツは無理に何度もやらせないこと。子供が機嫌よく立ちたそうなそぶりをしているときに、様子を見ながらサポートしてあげましょう。

・転んだときケガをしないようにサポート!頭をガードするグッズも◎

子供が立つときにするサポートするだけでなく、転んだときにケガをしないようにサポートすることも大切です。つかまり立ちをしそうなときは、近くで転んだときに頭などを打たないよう、すぐにキャッチできる姿勢で見守ってあげましょう。
ずっとそばについていることが無理という場合は、ヘッドガードなどの頭をガードできる便利グッズを利用するのもおすすめです。

■つかまり立ち期におすすめのおもちゃや遊びは?

最後は、つかまり立ち期の赤ちゃんにおすすめの遊びやおもちゃを紹介します。

・テーブルやソファを利用したいないいないばぁ遊び

出典:photoAC

赤ちゃんがつかまり立ちを始めたら、つかまっているテーブルやソファにママが隠れて、いないいないばぁ遊びをしてみてください。つかまり立ちで足腰がちょっと疲れてきた赤ちゃんも、ママ見たさにつかまり立ちを頑張って続けてくれるはず。
こんな遊びを続けることで、徐々につかまり立ちができる時間が長くなったというママの声もありましたよ♡

・その場でジャンプしながら足腰を動かせるジャンパルー

出典:ジャンパルーで遊べば赤ちゃんご機嫌♡おすすめ商品と注意点も @ muuu3113さん

つかまり立ちをし始めた頃の赤ちゃんは、体が動かしたくてたまりません!そんな赤ちゃんにおすすめなのが、体をしっかり支えてくれながら楽しくジャンプして遊べる「ジャンパルー」というおもちゃです。
安全に楽しくジャンプで遊べるので、赤ちゃんの笑顔が見られること間違いなし!おもちゃ屋さんなどで試し乗りすることもできるので、気になる人は試してみて☆

・赤ちゃんが楽しく歩行練習ができる歩行器

出典:歩行器はいつから使える?使用のメリデメやおすすめ商品をご紹介 @c25o66 さん

次におすすめなのが「歩行器」です。座れるようになった赤ちゃんから使えるものが多く、体をしっかり支えながら赤ちゃん自身の足を使って動くことができるので、歩行の練習になりますよ。
つかまり立ちと並行して方向器に乗ることで、より足腰をしっかりさせることができるかもしれませんね。

・つかまり立ちが上手になったら手押し車もおすすめ

出典:@ ayamama___さん

つかまり立ちが少し上達してきたら、写真のような手押し車もおすすめです。車が動くことで足が自然と前に踏み出せ、歩くことの練習に繋がります。
赤ちゃんが好むカラフルなものから写真のようにインテリアに馴染むものまでいろんなものがあるので、お店やネットで検索してみてくださいね♡

■つかまり立ちは赤ちゃんの成長に合わせて安全に見守ってあげよう!

つかまり立ちは、小さな赤ちゃんが今まで見えなかったものが見える大きな成長のひとつ。赤ちゃんが安全に成長できるように環境を整えてあげて、今しかない愛しい姿を目に残してくださいね♡

たってん

元気でやんちゃな男の子2児の母。プチプラコスメやファッション、グルメ情報を集めるのが大好き。最近はアンチエイジングコスメにも興味深々!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!