Baby&Kids

子どもの早く帰ろう攻撃は、気持ちを受け止めることから始めよう

vol.1155【1日1成長お母さん】待ち時間を楽しめる工夫をすると子どももお母さんも笑顔になれる

待つのが退屈で子どもがぐずるのはよくあること。気分転換をさせてあげよう

病院など公共の場で「早く帰ろう」とぐずる子どもに「もうすぐ終わると言ってるのに」と思うことはありませんか?
子どもにとって退屈な場所と分かっていても、連れていかなくてはならない時もあります。気配りのできるお母さんは他の人に迷惑をかけないようにと子どもの対応に神経を使うことでしょう。
公共の場で子どもがぐずった時は、まず気持ちを受け止めることから始めましょう。そして気分を変えて楽しむことができるよう工夫してみましょう。

駄々をこねている時に強引に伝えても届かない。まずは思いを受け止めて

お母さんと病院に来たS君、会計を待つ間に「お家帰る、早く早く」と泣いています。「病院では静かにしようね」「あと少しで終わるよ」お母さんが伝えますが何を言っても「お家帰る」の一点張り。3歳のS君には会計が終われば帰れることを理解するのはまだ難しいのです。
そんなS君には「お家に早く帰りたいね」と頭をなでながら気持ちを受け止めると落ち着いてくるでしょう。その後にS君が楽しく過ごせる遊びに誘います。

楽しく待てるヒントは子どもが最近楽しんでいることを思い出すと見つかる

駄々をこねる時には子どもの言葉を繰り返し“お母さんが子どもの気持ちを理解している”と分かるように伝えることが大事です。お母さんの口から改めて聞くことで、自分のことを理解してくれたと感じて安心します。
その後、子どもが楽しく待てる提案をします。貼紙から動物を探すのも良いでしょう。診察を待つ時間なら、いくつ数えたら看護師さんが来るか数えてみるのもひとつです。最近お子さんが楽しいと感じていることは何なのかをヒントにしましょう。

子どもの楽しい気持ちを引き出せるのは、誰よりも楽しむお母さんの姿

公共の場では「なんで静かにできないの?」と言うより子どもとの時間を楽しんでみましょう。子どもの相手は大変だと思うこともあります。でもその時間をお子さんとの触れ合いの時と考えると愛情を伝える貴重な時間となるでしょう。
子どもにはもともと模倣する能力が備わっています。どんな状況だとしてもお母さんの楽しむ姿が子どもを笑顔にし、自然と楽しい気分に導きます。絵本やシールなどお気に入りの物を一緒に連れていくのもお母さんの助けとなるでしょう。

今日の1日1成長

待ち時間は子どもとの触れ合いを楽しむ時。子どものお気に入りで遊ぼう
子どもの切り替え力も1成長、お母さんの発想力も1成長。
みきいくみ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!