Baby&Kids

兄弟げんかは「両方悪い」と叱るよりも「どうしたい?」と聞こう

vol.1162【1日1成長お母さん】兄弟げんかは問題解決能力を身に付ける絶好のチャンス!

兄弟げんかはお母さんの対応次第で子どもの人生に役立つ経験になる

兄弟げんかが毎日起きるという家庭があります。「ケンカをされるのが最高にストレス」と言うお母さんも多くいます。子どもの言い争いや、泣き声を聞くとイライラしますよね。さらに「お母さ~ん、お兄ちゃんが叩いた」とか「先にSが蹴ったじゃん!」など言いつけ合戦が始まるとイライラは頂点に。
でもこんな時こそお母さんの腕の見せどころです。どんなふうに声をかけるかで兄弟喧嘩の回数を減らせるだけでなく、人生に必要な問題解決能力を身に付けられるのです。

子どもが言いつけに来たら、叱るよりも子どもの言葉を繰り返そう

子どもが言いつけに来たら正義感の強いお母さんは「お兄ちゃんなんだから優しくして!」「どっちも悪い!」などと叱ろうとするでしょう。でもそれは不要です。
子どもの言いつけに対しては「お兄ちゃんが叩いたんだね」「先にSが蹴ったのね」と言った言葉を繰り返してあげるといいのです。すると子どもは「お母さんが分かってくれた」と感じて少しずつ気持ちが落ち着いてきます。

お母さんが介入するよりも、子ども自身が解決するように導いてあげよう

子どもが言いたいことを全部言ったら「じゃあどうしたい?」と質問をしてください。「お兄ちゃんに謝ってほしい」と言うかもしれません。そんな言葉を聞いたお母さんは「お兄ちゃん、Sが謝ってほしいって言ってるわよ」と介入しそうになるものです。
でもそうするよりも「どうしたら謝ってくれるかな?」と、子どもが自分で解決できるように導くといいのです。「分からない」と言ったら「『謝って』って言ってみる?」など自分でできることを提案してあげましょう。

兄弟げんかは無駄ではない。問題解決能力の高い子に成長するチャンス

子育てのゴールは子どもを自立させることです。兄弟げんかはやってほしくないのが本音でしょうが、子どもたちが自立する成長のチャンスでもあります。
兄弟げんかを自分で解決するという経験を何回か繰り返していくうちに、大泣きしたり相手を叩いたりするよりもいい解決方法を子ども自身が考えて探そうとするでしょう。
このような経験を繰り返した子どもは問題が起きた時に対応できる能力を身に付け、社会を生き抜いていけるでしょう。

今日の1日1成長

兄弟げんかをしたら「どうしたい?」と聞いて子ども自身で解決させよう
子どもの問題解決力も1成長、お母さんの対応力も1成長。
田中京子(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!