Baby&Kids

5歳からのしつけは、お母さんの気持ちを伝えて導こう

vol.1183【1日1成長お母さん】決まりごとを守らせるだけでなく、自分で察して動ける習慣へ

ルールではなくマナーを身につける5歳からのしつけが子どもを成長させる

しつけは家庭内ではもちろん、家から一歩外に出たときに特に大切だと思うお母さんは多いことでしょう。公共の場では騒がない。スーパーの中では走らない。社会生活を送る上で決まり事を守らせるのは大切です。しっかり者のお母さんほど、事前に約束をさせてぬかりのないように神経を使っていることでしょう。
4歳まではルールを守らせることが大事ですが、5歳になったらただ守らせるスタイルから子どもが察して行動できるマナーのよい子を育てることにシフトチェンジしていきましょう。

今どう思ったか、相手の気持ちをしっかり伝えると行動の改善が期待できます

友だちとブロックで遊んでいる5歳のYくんが隣にいたKくんを急に叩きました。使いたかったパーツを先に取られたので手が出てしまったのです。お母さんはそんな光景を目にし「叩いちゃダメでしょ!」と大声で注意しました。
Yくんは相手の気持ちまで考えがいたらず、自分が思うままに動いてしまったのです。こんな時に5歳からは“人を叩いてはいけない”ということだけではなく「叩かれると痛いし悲しいんだよ」と相手の気持ちも伝えましょう。

5歳からは共感脳が発達します。相手の立場に立って物事を考える力です

人の気持ちに共感する “共感脳”は5歳くらいから発達してきます。この時期は普段からどんな風に人が感じているかを知る経験が大切です。そのためにも、お母さんの気持ちを言葉で表現していきましょう。掃除をしてきれいになったら「えらいね」よりも「きれいになって嬉しいわ」。
子どもの暴言には「なんでそんな風に言うの!」よりも「そんなこと言われると悲しいな」。お母さんの気持ちを“私はこう思う”と伝えていくのです。

相手の気持ちを知ることで、ルールだけでなくマナーが身につく子になる

お母さんが自分を主語にした言葉に言い変えることで、子どもが自分と他人の気持ちが違うことや、自分の行動に対して周りの人がどんな気持ちになるかを考えられるようになり、共感力が高まります。それが「騒いではいけません」と決まり事を守らせるということから、今うるさくしたらみんなに迷惑だなと指示をしなくても“察する力”に変わっていくのです。
5歳からは相手の気持ちを知ることを積極的にサポートしましょう。ルールだけではなくマナーが身につく子になっていきます。

今日の1日1成長

怒鳴りたい時こそ「お母さんはこう思う」と感情を言葉にして伝えよう
子どもの共感力も1成長、お母さんの伝達力も1成長。
さわどあさみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!